いつもと違うぞ、JACROW

JACROWファンのみんな、おはよう!いや、お休み!
いやそんなこたあどっちでもいい。これから起きるヤツもいるだろうし、寝るヤツもいるだろうし。因みに俺は、ジジイなんで、寝たらすぐ起き、また寝るっていうパターンだ。

で、俺、JACROWカンパニー化の時に新しく加わった今野と申します。偉そうな書き方は、多分、劇団一のオヤジということで許してくれ。まあ、その割には演じるわけでもない、制作するわけでもない、ただ稽古場でバレーボールをやるだけのメンバーなんだが。
そんな俺だが、JACROWカンパニー化において、まさに「カンパニー」にしなければならんという難題を抱えている。小劇場という、ある意味居心地のいい空間から、JACROWを大海へ担ぎ出さないといかん。
いや、こう言うと昔ながらのJACROWファンは余計なお世話!というだろう。しかし、時代は流れている。主宰の中村も決断した。とにかく、JACROWを変えようと。

正直、中村の戯作は変わらんと思う。でも、今後それはJACROWの中のひとつの流派?になると思う。そう、JACROWという冠の下で、いろいろなJACROWが展開されるはずだ。君たちファンの目の前にも近いうちにそれは提示されるだろう。
それを冷然と執り成す使命を自分で自分に課したのが俺だ。

あ、ここで俺の個人情報をちょっとだけ明かす。根本は映像屋だ。テレビ、映画の世界に生きてきた。また、役者を抱えている。
いまは、役者をよりメジャーにするために働いている。やっぱね、売れてなんぼなのよ、役者・・・。その手助けが出来れば・・・と思っている。まあ、この事はいずれ詳しく、ファン交流会でもあれば、徹底的に話す。

で、今回。
JACROW本公演ではない。しかし、カンパニー化で一歩だけ、いや半歩だけ、いや空想だけ、歩み始めたカンパニーJACROWの第一作だ。もはや、21日オンエア、いや本番なので通し稽古真っ盛り。
それを昨日、見てきたよ、俺。
いや、いいね。40分があっと言う間だ。もちろん、本番までにいろいろ超えなければ行けない山や河や砦はたくさんある。でも、根幹はイケてるわ。
まだまだ、カンパニーというにはおこがましいかもしれないけど、明らかにカンパニーの最初の作品だ。だから、JACROWファンも、未来のファンも、過去のファンも、アンチも、みんなに見て欲しい。
そして、意見を聞きたい。芝居終わったら、見てくれたみんなと毎晩飲みに行きたい。ひとつの舞台を熱く語れるというのは素晴らしい。今回の作品はまさにそれに相応しい作品になりそうだ。

ということで、爺さんなので燃料が切れた・・・。あとは劇場で会おうな!