蒻崎今日子出演情報J-Theater日本人作家シリーズ 『岸田國士作品集』

J-Theater日本人作家シリーズ「岸田國士作品集」

「恋愛恐怖病」「屋上庭園」「賢婦人の一例」

【作】
岸田國士

【演出】
日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)

【出演】
蒻崎今日子、土居正明(東京乾電池)、石田迪子、今井勝法(theater 045 syndicate) 山田宗一郎、望野哲也、早川祐貴、高橋宏幸、柴田恵、鈴木乃衣、雫石愛佳、牧香住

【会場】
下北沢 小劇場「楽園」

【日程】
11月2日(月)〜4日(水)

2日(月)19:00
3日(火)13:00/17:00
4日(水)15:00/19:00

【チケット】
前売3,000円/当日3,300円

【チケット取扱い】
info.theater@gmail.com
公演日時 お名前(漢字+カナ) 枚数 をご明記のうえ、お申し込みください。
JACROW蒻崎今日子扱いとお書き添えいただけると幸いです。

蒻崎今日子シャンソン漫談@ライブラリミーティング

蒻崎今日子が、一人で舞台に立ちます。
 
複数の団体の芝居やお笑いを楽しめる「ライブラリミーティング」にて、
お披露目です。
 
『ライブラリミーティング vol.11』
hobohobo20150910
歌とおしゃべり、歌いながらおしゃべり。
シャンソン漫談で素敵なあなたとかけがえのない時間を過ごしましょう。

これはなんですか?
はい、シャンソンショーですと言いたいところです。
はい、お笑いです。

【日時】 9月10日(木)19:30開場 20:00開演
【会場】ホボホボ@新大久保

【参加団体】
・チームたけせん
・コーラス野口
・蒻崎今日子(JACROW)

【チケット】
前売 2,800円/当日3,000円 (1ドリンク 軽食付)

チケット予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/xvmx7yb

【会場までの道案内】
新大久保駅から5分
西武新宿駅北口から3分
JR新宿駅からは8分程


各駅から職安通りまで出ます。
職安通り上で左手にドン・キホーテを見ながら直進すると1分程で肉のハナマサどっきり市場が見えます。その手前の小道を左手に曲がって50メートル先左手の赤っぽいお店がHOBOHOBOです。

大江戸線/副都心線東新宿駅から3分
東新宿駅から来る場合は、A1出口から出るとそこが職安通りです。明治通りに背を向けて歩くと右手に肉のハナマサどっきり市場があります。ハナマサのすぐ奥の小道を右折して50メートル先の左手にあります。

廿浦裕介客演情報「トリコ/ロール」

JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
【KANMURIプロデュース】
トリコ/ロール〜3つのお話〜
 
『ダイアナ』
男は数年ぶりに親友に会う。どうしても自分の口から言わなければならないことがあった。
親友は恋人を連れてやって来た。どうしても男に紹介したかったという。男は彼女を見て驚く。
 
『いつまでもここにいる』
男は怯えていた。突然、大金を手にしてしまったからじゃない。アイツがここにいるからだ。
 
『待ち人』
そのレストランには毎月8日になると、女のひとり客がやって来る。
女はコーヒー一杯で朝から晩まで居座り、ただひたすら虚ろな目で窓の外を眺める。しかし、待ち人は来ない。
 
■脚本・演出
 
ブラジリィー・アン・山田
 
■キャスト
 
太田彩乃
冨田裕美子
廿浦裕介
(少年社中・JACROW)
家田三成
土橋建太
田邉淳一
賢茂エイジ(さるしげろっく)
熊野善啓(チャリT企画)
冠仁
 
■公演日程
2015年8月28日(金)〜9月13日(日)  全20ステージ   
 
■公演スケジュール
 
8月
9月
 
全20ステージ
※開場は開演の30分前です
※お食事は終演後にお楽しみ頂けます
 
■チケット料金
日時指定・全席自由/ワンドリンク付き
○前売り3500円   当日3800円
○お食事付きチケット
(前売りのみ)4500円
 
※開演前にドリンクのご提供となります。
※お食事は、終演後2階レストランにてご提供となりますので、ご了承ください。
 
お食事MENU☆
※ 銑は日替わりです。
.掘璽奸璽疋疋螢orナポリタン
▲ムライスorクリームパスタ
ビーフカレーorキノコパスタ
 
全てにミックスサラダが
ついておりオススメです♫
 
■チケット取扱い
ご観劇チケット、
お食事付きチケット、
お申し込み予約フォーム
☆ご宿泊特別チケット
こちらのメール 
にて、
下記内容を記載の上、
お申し込みください。
宿泊の予約状況など確認した上で、再度こちらからご連絡させていただきます。
[件名]
トリコロール宿泊付きチケット予約
[本文]
お名前
ご住所
お電話番号
メールアドレス
宿泊者名
ご観劇日時
宿泊付きチケット枚数
(ダブルご希望のお客様は
その旨ご記載ください)
今回の出演者で応援するキャスト1名
 
■公演会場
『鶯谷ホテルシャーウッド8階』

JACROW#20『ざくろのような』公演情報

JUGEMテーマ:演劇・舞台




平成27年10月8日(木)〜13(火)
JACROW#20 『ざくろのような』 @サンモールスタジオ
脚本・演出:中村暢明
 
数字の力だろうか。
第20回公演という節目にあたって原点回帰を考える。
カンパニー名の語源にした「 石榴 ( ざくろ ) 」をイメージしながら。
ごく普通な見かけ(状態)に内包するグロテスクな中身(実態)。
それを表現したいと思ったのだ。14年前の私は。
 
第20回公演という節目にあたって原点回帰を考える。
経営危機に瀕した会社に渦巻く誇りと欲の物語。
それはつまり会社という生き物の生と死を描くこと。
会社に生かされている者が会社を死に追いやるとは。
 
第20回公演という節目にあたって原点回帰を考える。
ごく普通の組織にある忠誠と裏切りの人間ドラマ。
きっとこれはどこにでも転がっている日常の風景。
同期のあいつを妬ましく思う感情はどこからくるんだろうか。
 
第20回公演という節目にあたって原点回帰を考える。
もしかしたらこれはコメディかもしれないとも思う。
だってサラリーマンな私は喜劇に囲まれている。
それでも吐き気がするほど濃密な空気を。劇場で。
 
これはざくろのようなおはなし。

【出演】
谷仲恵輔
蒻崎今日子
(以上JACROW)
 
小平伸一郎
芦原健介
狩野和馬(InnocentSphere) 
堤千穂
佐々木なふみ
吉田テツタ
 
【スタッフ】
脚本・演出:中村暢明
舞台美術:青木拓也
照明:阿部康子
音響:椎名KANS(Garage Inc.)
宣伝美術:川本裕之
宣伝写真:石澤知絵子
舞台監督:高橋亮(Outside)
記録:鈴木淳
制作:吉水恭子
制作補:高嶋みあり/廿浦裕介
制作協力:芝居屋風雷紡
企画・製作:JACROW
協力:黒田朋子(JACROW)/中山雅司/アスタリスク/(株)ウォーターブルー/Age Global Networks(株)/こねじ/スターダス・21
 
【スケジュール】
平成27年10月8日(木)〜13日(火)
  8木 9金 10土 11日 12月 13火
14:00        
15:00      
19:00        
20:00        
※開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前
 
【料金】
(日時指定・全席自由)
●一   般       前売3500円 当日4000円
○平日昼間      前売3200円 当日3700円(割引併用なし)
※学生割引      前売2500円 当日3000円(要学生証提示)
※四十割引      前売3200円 当日3700円(40歳以上の方対象。要証明証提示)
 
【場所】
サンモールスタジオ
新宿区新宿1-19-10 サンモール第3M-B1
03-3350-0335(劇場ロビー・公演期間中のみ)
 
【取扱い】

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] ミラートレーダー比較 格安SIM比較 ゴールドカード ゴールドカード比較

上記予約フォームよりお申し込みください。お客様のお名前でチケットをお取り置きしておきます。
お支払いはすべて当日精算になっておりますので、事前のお支払いは不要です。
なお、予約サイトでのお申し込みは当日0時に締め切らせていただきます。
当日0時以降は、下記メールにお問い合わせの上、直接会場にお越しください。その場合は当日料金になりますのであらかじめご了承ください。
 
【お問い合わせ】
from_jacrow@yahoo.co.jp


【webパンフレット】
当日、会場でお配りするパンフレットのweb版を掲載しております。
ご観劇後のアンケートの送信もこちらから可能です。
特に、20:00開演の回の場合は終演後、退館時間まで余裕がございませんので
どうぞご活用ください。
>>「ざくろのような」webパンフレット

吉水恭子作・演出、谷仲 恵輔/高嶋 みあり客演情報「君がみむねに」

芝居屋風雷紡 第九廻公演 「君がみむねに」



運河沿いの街。

古い家々に囲まれた石造りの階段が、四方から中央に向かって伸びていて、その階段の一番下に路地があり、貧民街がある。

真ん中に薄汚い酒場。

水タバコのパイプ。

片隅で眠りこけている黒眼鏡の老人。

古ぼけた丸テーブル。

不揃いな傾いだ椅子。

鳴らないアップライトピアノの上には、錆びついた鉄の鳥籠。



カナリヤは随分前に逃げてしまったらしい。



1932年。 この土地に幻の国が建国された。

満州国。

五族融和と王道楽土を謳ったその国は、民族を超えた救いの地になるはずだった。

だが実際は、歴史の激動の中、ロシア、中国、日本、周囲の国のエゴと欲がぶつかり合う魔の巣窟となっていく。



この地に想い人を残してきたと語る、売れない探偵、野崎淳之介。

彼が肌身離さず持っている古びた写真に写っているのは?



2015年夏。

芝居屋風雷紡が戦後70年に送るのは、幻の王国で繰り広げられる野崎淳之介の冒険活劇。



【演出】

南慎介(Ammo/Minami Produce)

【作】

吉水恭子(JACROW/芝居屋風雷紡)



【日時】

2015年8月13日(木)〜18日(火)



【場所】

日暮里d-倉庫



【一般前売】3500円 

【当日】4000円

【学生】2500円(要予約・要学生証提示)

【高校生】1000円(要予約・要学生証提示)



【出演】

山村 鉄平(芝居屋風雷紡) 

吉水 恭子(芝居屋風雷紡/JACROW)

祥野 獣一(芝居屋風雷紡) 

吉水 雪乃(芝居屋風雷紡)

谷仲 恵輔(JACROW) 

高嶋 みあり(JACROW)

菅野 貴夫(時間堂) 

荒川 ユリエル(拘束ピエロ)

霧島 ロック 

田村 往子

森田 あや 

杉田 政道

チケットお申し込みはこちらから!
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=66448
(当日の0時まで受付)

蒻崎今日子客演情報「雑魚レストラン」

スタジオQ「雑魚レストラン」
2015/07/24(金) 〜 2015/07/26(日)
麻布区民センター

【出演】
村山竜平、小橋川よしと、蒻崎今日子、湯澤勉、黒岩徹 他

【脚本 演出】
高畠久

【タイムテーブル】 
7月24日(金) 18:30
7月25日(土) 14:00/18:00
7月26日(日) 13:00/16:30

福島県南相馬市小高区と浪江町の海辺。。
それぞれに悩みを持つ人間たちが、駆け込み寺ならぬ駆け込み食堂を立ち上げた。
食堂の未来に自分たちの未来を重ねて乾杯!その瞬間・・・

谷仲恵輔客演情報『私が銀行強盗になるまで』

谷仲恵輔客演情報

GGO5月号 ロングアドリブLIVE『私が銀行強盗になるまで』
yanaka201505ggo5.gif
5月24日(日) OPEN 12:30 / START 13:30
前売¥2000 / 当日¥2300(飲食代別)

【割引あり!】ペア ¥3600/トリオ ¥4800/カルテット ¥6000
(全て飲食代別)※割引は入場時にお引きします

ウェブ予約→ コチラ から!
小劇場界の怪優と呼ばれた男・野口雄介が
ネジの外れた役者ばかりを呼び集め行う、30分間のロングアドリブLIVE!
その場で出される演出の指示を乗り越えながら、ゴールを目指してひた走る!
芝居になるのか、それともコントになるのか。
戦う相手は演出か、それとも共演者なのか。
もしかしたら客席にいるアナタなのかもしれない。
その場で公開反省会を開催し、戦犯役者にはギリギリアウトな罰ゲームを実行!
この日、役者は勇者になる。
小さな伝説が生まれる瞬間を、貴方に。
【出演】野口雄介・谷仲恵輔(JACROW)・菅野貴夫(時間堂)
【MC】秋月愛
【構成・演出】大河原準介(LondonPANDA)

HP:http://girigiriout2015.wix.com/ggoweb

代表中村、「人狼」イベントに緊急参戦!

JUGEMテーマ:演劇・舞台

蒻崎がなんども出演して好評を博している「ミステリーファイトクラブ」に代表中村が緊急参戦することになりました。
今週火曜日に企画が決定、出演オファーを受けたのが水曜、実施が土曜日というミラクルな企画公演。企画の経緯は主宰のたかたんこと仗桐安のブログに掲載されてます。ぶっちゃけ、めっちゃ面白いです。

ということで、今日の明日ですが、興味あるよーって人、ぜひ新宿まで。2回公演です。


◇ ◇ ◇ ◇ ◇

ミステリーファイトクラブ番外戦
『ミラクル村のあわただしい狼』

ミステリーファイトクラブは、演者が設定を活かした即興の演技をしながら、心理ゲーム“人狼”をベースにした舌戦を展開するイベントです。

場所:シアターミラクル

西武新宿駅北口より徒歩約1分。西武新宿駅南口より徒歩約2分。都営大江戸線、新宿西口駅より徒歩約5分。各線、新宿駅東口出口より徒歩約8分。

日時:2015年3月14日(土) 15:30/19:30
(受付開始は開演の40分前・開場は開演の30分前)

料金:前売・当日ともに1000円

上演時間:約2時間を予定


構成・演出 仗桐安(RONNIE ROCKET)

出演 野口雄介 井川花林 中村暢明(JACROW) 大高雄一郎(Theatre劇団子) 泊麻未 中野あき 小林奈々 袴田長武(ハカマ団) 堤千穂 年代果林(EgofiLter) 徳元直子
姫菜愛実※15時半の回ゲスト
詩森ろば(風琴工房)※19時半の回ゲスト


◆ご予約〆切日:3月14日(土)の0時

【ご予約方法】
本イベントはEメール、twitter、お電話にてご予約を承ります。
メール予約の場合は、luck.umu@gmail.com宛にメールをお送りください。

メールのタイトルに ミラクル村予約 とご記入ください。
メールの本文には

お名前
お名前のふりがな
希望枚数
当日ご連絡のつくお電話番号

をご記入ください。
LUCK-UMUからの予約完了メールが届いた時点でご予約完了となります。ご予約〆切期日が差し迫り、送信確認の連絡に緊急を要する場合は、お手数ではございますが、お電話にてお問い合わせください。

twitterの場合は仗桐安のアカウントまでリプライもしくはDMをお送りください。

■お問い合わせ先■
luck.umu@gmail.com
080-3720-1169(ラクウム事務局)

JACROW#19『消失点』(5月13日〜17日@雑遊)

JUGEMテーマ:演劇・舞台

次回公演の詳細をお知らせします。

JACROW#19『消失点』
平成27年5月13日(水)〜17(日)
脚本:吉水恭子/演出:中村暢明
 



 
舞台はとある警察署内取調室。
刑事と被疑者、参考人との会話劇。
市内で起きた児童放置死事件の関係者たちが取り調べを受けている。
シングルマザーである母親が部屋に子どもを置き去りに出掛けた末の悲劇だった。
今、考えれば、子どもを救うことはできたのかもしれない。
もし児童福祉局の職員が手を差し伸べていたら?
もし学校が母子家庭に踏み込んでいたら?
もしその母親がもっと器用な人だったら?
もし・・・だったら?
いつの世も悲劇は「たられば」で解決できる。
でも子どもは永遠に帰ってこない。
 
今回、脚本を吉水恭子、演出を中村暢明のコンビで作劇。
昨今、後を絶たない児童放置死事件を題材にした刑事ドラマである。
JACROW初の脚本×演出コンビに、どうぞご期待ください。
いつもと同じ吐き気がするほど濃密な空気を。劇場で。
 
 
【出演】
谷仲恵輔
廿浦裕介
蒻崎今日子
中村暢明
(以上JACROW)
 
松葉祥子
本東地勝(T1project)
小平伸一郎
田村往子
吉田テツタ
 
【スタッフ】
舞台美術:青木拓也
照明:阿部康子
音響:岩野直人(ステージオフィス)
宣伝美術:川本裕之
宣伝写真:石澤知絵子
モデル:八敷まこと/八敷龍
線画提供:北原玲子
演出助手:関智恵
舞台監督:吉田慎一(Y’s factory)
記録:鈴木淳
制作:吉水恭子/高嶋みあり
制作補:芝居屋風雷紡
企画・製作:JACROW
協力:黒田朋子(JACROW)/少年社中/スターダス・21/トリアス/ベリーベリープロダクション
 
【スケジュール】
平成27年5月
13日(水)      ●20:00
14日(木)      ●20:00
15日(金) ○15;00/●20:00
16日(土) ●14:00/●19:00
17日(日) ●14:00/●19:00
※開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前
 
【劇場】
SPACE雑遊
地下鉄都営新宿線・新宿三丁目駅 C5出口目の前
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-8-8 新宿O・TビルB1F

【料金】
(日時指定・全席自由)
●一  般 前売3500円 当日3800円
○平日昼間 前売2700円 当日3000円(割引併用なし)
※学生割引 前売2500円 当日2800円(要学生証提示)
※四十割引 前売3200円 当日3500円(40歳以上の方対象。要証明証提示)
 
【取扱い】
以下より予約にお進みください。

 

携帯からの予約はこちらをクリック!


>

廿浦裕介客演情報 少年社中 「リチャード三世」

少年社中 第30回公演【リチャード三世】
原作◎W.シェイクスピア
脚色・演出◎毛利亘宏

スケジュール:2015年3月4日(水)〜3月12日(木)

劇場:あうるすぽっと

出演:
井俣太良
岩田有民
堀池直毅
廿浦裕介
加藤良子
長谷川太郎
杉山未央
山川ありそ
内山智絵
竹内尚文
川本裕之

池田純矢
中村龍介
鯨井康介
あづみれいか
栗田政明(倉田プロモーション)
森川次朗
松村泰一郎(StudioLife)
吉野菜々子
古澤美樹

チケット:
全席指定
前 売◎5,000円
U-19◎2,000円(19歳以下枚数限定/劇団販売のみ)
当 日◎5,500円(開演1時間前より受付にて販売)

サイト:
http://www.shachu.com/r3/

◆OUTLINE◆
少年社中が贈る、シェイクスピアシリーズ第三弾!!

狡猾で残忍。権力のためなら肉親殺しも厭わない大悪漢。
難役と名高いリチャード三世を、二人の俳優が『善』と『悪』の二つの側面から演じ、その圧倒的なエゴイズムの裏に隠された真の姿を描き出す!!

ウェットで叙情的かつハードボイルドなエンターテインメント!!
少年社中版【リチャード三世】に括目せよ!!

◆STORY◆
これは…西洋でも東洋でもない国の物語。
白薔薇家『ヨーク』と赤薔薇家『ランカスター』は覇権をめぐって
血で血を洗う争いのさなかにあった。その戦いに終焉の気配あり…。
天下を取るは白薔薇家『ヨーク』。
しかし、当主である四代目エドワードは病の床についていた。
四代目エドワードの弟にして、野心家たる白薔薇家のリチャードは、
白薔薇家の混乱に乗じて、王位の簒奪を企てる…。

渦巻く策略、巧みな話術、多くの女性を絡めて落とす…。
リチャードは数々の政敵を亡き者として、見事王位につくのであった。

その名も『三代目リチャード』として。

善人か悪人か?
太陽に憧れた男の、真の姿とはいったい…。