↓の続き


ブイブイ言わすぜぇぇぇぇぇぇ!!

何が、てそれがそうなったら、こっちもそうなるっつう話。



ほぼほぼ、仕上がりました。
多分、多分ですけどね。


そしてミーティング。
じっとりとミーティング。

こんなんでは、うーむ、そうするとこう、じゃあ、うーむ、ああ、そっちね。
じゃあ、うーむ、そうすると、それが、こうしていくから、こう、でもねえ。


どうせだったら、俺が自転車持ってきますよ。
ホント、ルデコに自転車。

うーむ、それもねえ。
でもまあ、じゃあ、それで。
また有田、じゃない、また明日。



今日の稽古、まあ、汗かきましたよホント。
こんなにかいたのも久しぶり。
髪型、整髪料なしで汗で固まる状態。


そんな作品になっちゃいました。
それもこれも、やはりオムニバス。
あっちがこうくるんだったら、こっちはこう来なきゃ、みたいなね。
そんな稽古。



多分あちこちに自転車の破片飛びますから。
そしてまあ、フォークが俺のハムストリングに刺さるんですよ。

何かフットサルとかしてえけど出来ないなあ、ハムストリングと大腿筋やっちゃってるからなあ。

今?ああ、今腰が痛いです、振り過ぎ、腰。


さあ、どうしましょ。
どうなっちゃうんでしょ。

明日は、どっちだ!!



それはそうと、今?って聞きたいくらいに五月雨ですね。
今年一番の豪雨とか。

こうなってくると、何か罰あたってんじゃねえの、みたいな、そんな感じ。
と思うんだけど、大概気のせいなんですよね。

という事は、やあねえ、こんな事起きて、と世の中で不安がるのがブームみたいに最近なっちゃって、世の中を暗くしていっちゃってるんですねえ。

でも、不安がるものほど馬鹿の所業らしいですよ。
馬鹿ばっかりってことらしいですよ、今の世の中。

つまりはどういう事かって言うと、正直に何でも受け取りすぎるなってこと、つまりは馬鹿正直になるなってことらしいですわ。

少しでも馬鹿を隠して強がっているくらいの馬鹿の方が、世の中を明るくするという事らしいですわ。




ねええええ。


馬鹿になれ、って頭良くなれってことだ、と信じてやまないのでした。
雨でアレに塗れてもいつ死ぬなんて分からないんだったら、まあ、雨にぬれたら気持ちEんだぜ!!

じゃあ、そんなこんなで、つって足ビチョビチョ、髪べちょべちょ。




…もう私グショグショ!!


オヤスミベイベー。


谷仲恵輔