『夕闇、山を越える』舞台写真を公開します

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

おかげさまで初日から3ステージ、すべて満席で迎えることができました。

たくさんのお客様にご覧いただけことはメンバー一同、嬉しく思っております。

 

さて今日から中盤戦、残り7ステージです。あっという間に終わります。

演劇という芸術の宿命とはいえ、この機会にしか、この作品は観れません。

まだ若干ですが、チケットはあります。

ぜひとも観ていただきたい。劇場にて心よりお待ち申し上げております。

 

公演の詳細およびチケットのお求めは下記サイトをクリックしてください。

公演サイト

 

舞台写真を公開します。

いつものごとく炎のカメラマン、鈴木淳くんが撮ってくれました。

こんな作品です。未見の方は観劇のご参考に。

 

 

 

 

 

 

 

制作部からチケット状況のお知らせ

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

本日初日を迎えます。

JACROW#22『夕闇、山を越える』@SPACE雑遊

ようやく皆様に作品がお見せできることを心より嬉しく思ってます。

ご覧いただいたら、ぜひとも忌憚のない感想などを発信していただけると幸甚です。

 

またこれからチケットを購入される方、20(日)〜22(火)までの3ステージは完売しました。

23(水)以降の観劇を是非ともよろしくお願いいたします。

 

本作品、JACROWの新たな代表作になるとメンバー一同自負しております。

お見逃しなきよう、心よりお願い申し上げます。

 

JACROW#22『夕闇、山を越える』
平成28年11月20日(日)〜26(土)

脚本・演出:中村暢明

 

鶴屋南北戯曲賞ノミネート後初の脚本演出作品。
昭和32年当時の田中角栄を描きます。
登場人物はのちの総理大臣ばかり。
小劇場で挑む政治劇、ぜひとも観に来てください。

【キャスト】
谷仲恵輔、鍋島久美子(以上JACROW)

青木友哉、内田健介、狩野和馬(InnocentSphere)、小平伸一郎、佐藤貴也、宍戸香那恵、土橋建太、林竜三

 
【スケジュール】
平成28年11月
20日 ◎19:00 完売
21月 ◎19:00A 完売
22火 ◎20:00 完売
23水祝 14:00/19:00
24木 20:00
25金 〇15:00A/20:00
26土 14:00A/19:00
※開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前
※21月、25金(15;00)、26土(14:00)の回は終演後、20分ほど「アフターミーティング」を行います。
 作品の理解を深めることを目的に、JACROWメンバーとお客様とが相互に意見交換をするトークイベントです。
 
【料金】(日時指定・全席自由)
 一  般 前売/当日共に4000円
〇平日昼間 前売/当日共に3500円
※学生割引 前売のみ2500円(要学生証提示)
※四十割引 前売のみ3500円(40歳以上の方対象。要証明証提示)
 
【場所】
SPACE雑遊

地下鉄都営新宿線・新宿三丁目駅 C5出口目の前

http://www.zatsuyu.com/about.html#about02


【チケット】

下記URLからお申し込みください。

https://ticket.corich.jp/apply/77525/001/

 

【団体情報など】

http://www.jacrow.com/

夢のような時間

本日の稽古ブログ担当は、林竜三です。
本日、稽古最終日。
明日からいよいよ劇場に入ります。

稽古をしていてふと思うのは、僕の目の前で田中角栄がおどけ、池田勇人が怒鳴り、佐藤栄作が策を練り、福田赳夫が笑い、大平正芳が唸るなど、歴史に残る政治家達が甦り、そこに存在してるということです。

これは演劇ならではの魔法で、夢のような時間だなと思うんです。

ぜひこの贅沢な時間をお客様と共に味わえたらと思います。

ぜひ劇場でお待ちしています。



2本通し

土橋です。

今日は初の2本通しでした。決して固めず、2本目も大胆にかつ繊細にチャレンジ。

エラーを積極的に出して、でも周りが拾ってくれるという信頼も互いにあって。

ニッポンをよくしたいという政治家たちの理念と、

この作品をよくしたいという俳優とスタッフたちの理念がリンクしてきた気がします。

最後まで努めて懸命に取り組みお客さまをお迎えします。劇場でお待ちしております!!

チケット状況ですが、11/20〜22完売間近!!ご予定の方はお急ぎください。

11/23以降、油断していると一気に埋まりそうな状況です。やはりこちらもお急ぎください!!

 

女子力

image1.JPG
初日まで、残り僅かとなりました。
稽古も佳境を迎えております。
宍戸です。

本日はスタッフさん達がいらっしゃっての、何回目かの通し稽古を行いました。

俳優は男性ばかりですか
スタッフや女性劇団員も来ると
稽古場の男女比率がいつもと異なり
男性たちの輪の中に居る身としては
拠り所があるようなホッとする気持ちになります。

女性の力とは何なのだろうな〜
と、劇中においても考えます。

華として在るだけではなく
その場に与えているものがある筈ですので
お客様にも体感していただけるように
と、思います。

写真はJACROW女子たち。

昭和にカラーリング!

どうもどうも佐藤貴也です。
連日の稽古に、平均年齢高めの役者陣、カラダにムチ打ってミミズ腫れ気味、、、あはあはっ。
でもそのせいか、その成果、どんどん中村さんの脚本、演出に加え、作品の彩りがどんどん豊かになっておりますっ。

先日は、衣装にも初めて袖を通し、それぞれのキャラクターにも個性がズンと鎮座ましまし。
やっぱスポーツ選手が外見から入るのはわかります、ふむふむ。

舞台って、台本という設計図があって演出が枠組みを組み上げ、スタッフさんに支えられた役者が、壁やら屋根やら壁紙とかの内装や外装の色とかを徐々に作っていく。そうしてできあがった家にお客さんに来てもらう、そんな印象です。

でも、その中でも、今回の面々での作業はとっても内容が濃くて、やってて楽しい〜。そのぶん家に帰ったらどっと疲れますがね。あ、いや、いい意味ですっ。

いまは、本番を間近に控え、最終の色付けに入ってるという感じです。
ここで手を抜くと色あせた無味なものになりかねないので、また帯をギュッと締めなおして!げっぷ、残り僅かな稽古を楽しみたいと、雨雲の向こうのウルトラムーンに思うです。

ぜひ、みなさま、遊びに来てくださいっ

スタジオ決起

image1.jpeg
本日
方言指導の先生が最後の指導に
衣装さんが衣装を持ってきてくださり衣装パレード
舞台美術さんや、舞台写真さんもきてた
作品を通した
角さんの愛したオールドパーをあけた
最近、角さんが好きでたまらない
本番前まであと1週間
この作品をとことん愛したい
 

初。通し稽古。

JUGEMテーマ:演劇・舞台

こんにちは。

狩野です。

 

本日、初通し稽古でございました。

 

なんとも中身が分厚い作品のため、どうなることかと思われましたが、

ランニングタイムも予想通り?に収まり、この台本をいかに仕上げていくか、

というところに絞られ、俄然作品に対し、猛進する態勢になってきました。

 

先日、稽古場見学に来てくれた女優さんが、

「政治とか全然わからないけど、楽しめたよ。」

と言ってくれました。

よかった。

 

角栄さんや昭和の政治家など知らない人には、一件とっつきにくそうな題材かもしれませんが、

それでも楽しんでいただける作品創りをしておりますのでご安心ください!

 

でも知ってると、ニヤリとできる部分も数多くありますので、

そこらへんもご存知の方はお楽しみいただけると思います。

 

とにもかくにも稽古するのみ。

 

明日も通し稽古。頑張ります。

スタジオ稽古突入!


JACROW#22『夕闇、山を越える』稽古ブログをご覧の皆さま、こんにちは大平正芳役の内田健介です。

本日より、我々、固定のスタジオ稽古に入りました。
これまでは演出助手のセキチエちゃんを始め、皆で重い荷物や仮衣装を持ち歩いての移動稽古でございました。

そして、本日、舞台監督の吉川悦子さんにより、稽古場に仮のセットが組まれました。
パチパチパチ♪

はい。
畳ですね。
今回、主な舞台は料亭です。
写真は仮セットに喜ぶ出演者たち。

昔、と言っても、僕が子供の頃、政治関係のニュース映像の多くは料亭でした。
何派の誰々の会合に、誰それが来たというニュースが、料亭に入り、料亭から出てタクシーに乗り込む映像だけで、それが政治ニュースとして流れていました。

料亭の中で、様々な政治の駆け引きが行われていたのでしょうね。
そういえば最近は見ませんね。
ま、行われてはいるのでしょうけど。

今回、昭和30年代の料亭を舞台に、そんな政界のバックステージを描きます。

国会の答弁や演説、カメラの前でのパフォーマンスや、選挙運動ではない、裏の政治家の顔。
面白そうでしょ?
出演者一同、苦心しつつも楽しんで、日々稽古に励んでおります。

チケット、前半割引の回はおかげさまでかなり埋まりつつあります。
後半はまだまだ余裕ございます。
ご検討中の方、ご予約はお早めに。

どうぞご期待ください♪

カウントダウン

image2.JPG
JACROW稽古ブログ、今回はわたくし、青木のターンです。

本番まであと10日。いよいよ明日はスタジオ入りです。仮の舞台装置も建ててもっとグイグイ稽古に励めるようになります。
舞台はもちろん照明や衣装の準備も進んでいて、最近じゃ男性俳優陣の首やこめかみ辺りに刈り上げの青さも見られます。俄然雰囲気出てきました。

朗らかながら緊張感の切れない稽古場で試行錯誤の日々。密度も熱量も着実に上がってきています。
政治の話が苦手でも大丈夫。
それ以上に観るものがあります。

おかげさまでチケットも売れてきているようで、ありがたい限りっす。
日が近づくにつれ、特に初日があけるとなかなかご予約いただけない場合もあるので、気にしてくれている方はお早めのご予約をお勧めします。
ちなみに詳細・ご予約はこちらです↓
http://www.jacrow.com/

写真は長らく稽古でお世話になった町に別れを告げに行く一同。しばし別れの盃です。