【芦原健介】加入のお知らせ

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

捨てる神あれば拾う神あり・・・じゃないけど、高嶋の脱退に重なり、芦原健介がJACROWの新メンバーとして加入しました。

元々は『冬に舞う蚊』を観に来てくれてそのあとの飲み会で話をしたのが最初の出会いでした。その後、何かの公演も観に来てくれて、そのときに自主映画のDVDを手渡されて、「僕の作品観てください」と突然言われたのでした。観たら面白くて、その自然な演技に興味を持ったんで、オファーしたのが『PRESS』という作品。

そこからはなんとなくビジネス劇をやるときは欠かさず声を掛けてきました。スーツ姿がこなれてるというのが理由です。やっぱ着慣れてない人、観ててわかるもんね。俺。

でもこれからはビジネス劇じゃない芝居にも起用します。そう言ったら本人が一番動揺してました。

ということでこれからは芦原健介もよろしくお願いします。

JACROW代表 中村ノブアキ

 

-----------------

 

初めましての方も、そうでない方も、こんにちは。この度JACROWの新劇団員となりました芦原健介と申します。

 

JACROWには2014年に上演した『PRESS』から参加しております。それ以降出演する度に、ここは心のふるさとだと公言してきたJACROWですが、いよいよ身体も預ける形となりました。そう、これからは身体のふるさとです。

 

身体のふるさと。

 

改めて口にしてみると何を言ってるのか全く意味が分かりませんが、JACROWへの、特に谷仲さんへの愛は本物です。小平先輩の度重なる先輩風だけが唯一の不安材料ですが、きっとチーム一丸となって乗り越えていけるだろうと思っております。

 

正直、劇団に所属するというのが個人的におよそ10年ぶりくらいのことでして、どんな感じなのか思い出すのに暗中模索している最中ですが、信頼できる仲間と過ごす時間が増えることは、僕にとってはとても楽しみなことであり、何事にも変えがたい人生の経験になるだろうと信じております。

 

そんな場を生み出してくれるJACROWという船に乗って、キャプテンであるノブさんと一緒に旅をさせていただけることは光栄なことです。これからは先輩方、特に小平先輩の言うことを良く聞きながら、劇団員としてしっかりやっていこうと思います。

 

ひとまず小平先輩に迎合してお言葉を拝借するならば、「越えてみるか」という心境です。

 

どうか皆様、今後とも芦原健介(JACROW)をよろしくお願い致します。

【高嶋みあり】脱退のお知らせ

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

加入当初は俳優として、ママになってからは制作としてJACROWの屋台骨を長く支えてきた高嶋みありがこのたび脱退することになりました。私生活と演劇活動のバランスが難しくなってきたというのが理由です。高嶋から脱退の申し出を聞いたとき、とてもショックでしたが、なにより私生活を大事にしてほしいと思っている私としてはこの決断を応援しようと思い、受け入れることにしました。小平曰く「のぶさんの右腕」と評していた高嶋が抜けるのはとても痛いですが、これも何かの試練だと思って頑張ろうと思います。

ということでJACROWの制作部に興味がある方、ぜひぜひお問い合わせください。真剣に募集してます。

JACROW代表 中村ノブアキ

 

-----------------------

 

高嶋みありです。

この度は一身上の都合によりJACROWを退団することになりました。

 

2014年1月に入団し、出演したのは「刀と秤」「PRESS」「消失点」。「消失点」はほぼ台詞なしの警官役だったので、実質の出演作は2本です。消失点以降は制作部として参加していました。JACROWファンでも、私を役者として認識している方は少ないかも知れませんね。仕事と並行して劇団活動をしていたので、少ないのは仕方ない…とは重々承知しながらもやっぱりもう少し舞台に立ちたかったなぁと、今更ながら寂しい気持ちは残ります。

 

しかし、いまは家族と一緒に過ごす時間を大切にしています。今度芝居を再開するとしたら、3歳になったばかりの娘が成人してからかも…。とすると私はもうアラ還。ひょえー!!

 

それでも、またいつか芝居が出来ると思ったら歳を取るのが楽しみになるわぁ、と考えられるくらいには吹っ切れてきました。役者としての感性は失わないように生きていく所存です。

 

JACROWのことは、これからも陰ながら応援し続けます。新メンバーも加入してますますパワーアップしておりますのでどうかお見逃しなく。私が役者復帰する頃には年間1万人動員してますから。

 

最後になりますが、皆さま6年間本当にありがとうございました!

 

『フィクション』オフ写真

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

さて『フィクション』のオフ写真を何枚か掲載します。

 

これはいわゆる場当たり前の風景ですね。舞台監督から舞台の説明が行われている様子。それにしても出演者の中になぜかゾンビが紛れ込んでます。

 

その舞台説明中に撮られた1枚。ここにもなぜか風俗嬢が紛れ込んでます。

 

【認める編】にて台風シーンの確認をするふたり。

 

【越える編】における立ち位置を確認するふたり。目印を探しているのでしょうか。

 

実は東京公演初日は近江谷太朗さんの誕生日でした。11月下旬〜12月初旬に誕生日を迎えた4人にケーキが贈られました。

 

『フィクション』に参加したスタッフ、キャストの皆さま。いやホントにいい座組でした。

『フィクション』舞台写真

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

JACROW#27『フィクション』の舞台写真を公開します。

カメラマンはお馴染み、鈴木淳くん。いつもいつもありがとうございます。今回も素敵な写真を撮っていただきました。全数観たい方は淳くんのフェイスブックアルバムでどうぞ。303枚もあります。

 

ここでは私・中村が厳選した15枚のみです。あらかじめご了承ください。

ではどうぞ!

 

【続ける編】未悠が4年ぶりに戻ってきた。

 

【越える編】法要の帰り、バス停にて。

 

【認める編】コンビニ本部社員とコンビニ店員たち。

 

【越える編】篠木、頷いてるのか、首を振ってるのかよくわからない動きをする。・・・というト書き。

 

【続ける編】「4年も出て行くのは追っかけじゃない。」「信じてたんで」

 

【越える編】「娘が生まれました」

 

【続ける編】「戻ってこい」

 

【続ける編】「切るのは朴じゃなくて俺にしてください」

 

【認める編】台風の中、娘と電話する父と母。

 

【認める編】「生きているのはあなただ。認めてください」

 

【認める編】「日本一の店にします」「でかくきたね」

 

【越える編】ホームレスが亡くなった現場に手を合わせる。

 

ラストシーン

 

カーテンコール「ありがとうございました」

 

JACROW#27『フィクション』、終了のご挨拶

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

『フィクション』終演しました。

おかげさまで少しずつですが、固定ファンが増えてきたことを感じてます。数年前までは客演さんが変われば客層も変わるという状態を繰り返していたので、なんていうか少し前進したな〜と感慨深いものがあります。もちろんそれはありがたいことですし、目指していたことなので素直に嬉しく思っています。でも一方で「企業モノが得意な」とか「角栄の劇団」というようなレッテルを貼られるようになってきたことも事実です。もちろんこれは本意ではありません。企業モノ劇団ではないし、角栄劇団ではないから。得意だけど。笑

だからこそ今回は今までと違う路線を目指すという裏テーマが私の中であったことを白状します。案の定、「今までの方がよかった」「今までの中で一番好き」と、今までとの比較で二極化した評価をたくさんいただきました。これはホントにそうなるといいなと思っていたのでめちゃくちゃ嬉しかったです。

そしてもうひとつ。「フィクション」というタイトルに決めた時、いろんなノンフィクションを盛り込んだメタ芝居にしたいという想いもありました。これはそもそも物語とはフィクションなんだから、当たり前じゃんというツッコミを予想しての発想です。だからいつも以上に当て書きを強くしたというか、結果として俳優が書かせた作品になったということです。

ある日の稽古後の飲み会で近江谷さんと話をしたとき、「当初想定していた話とは少し変わりました」と告白したところ、「僕という俳優がストーリーを変えさせたんですね。俳優冥利に尽きます」と返してくれましたが、ホントにそうなのでお礼を言いたいのは私の方です。もちろんこの作品全体として近江谷さんだけでなく、ひとりひとりの俳優が私に書かせたと言っても過言ではありません。そういう意味でもホントに素晴らしい座組でした。

キャスト、スタッフの皆様にはこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

そして何より観に来ていただいたお客様には心からの愛と感謝を。

 

次回公演は5月です。再びの座・高円寺1。またまたあの広い空間と向き合えることを心から楽しみにしています。

2月ごろには前売情報などもお出しできると思うので、しばしお待ちください。

それまでは客演やらなんやらメンバーの外部活動が続きます。そちらも観に来ていただければ嬉しいです。

 

それではまた劇場でお会いしましょう! 2019年12月吉日 JACROW代表 中村ノブアキ

 

togetter感想ツイートまとめはこちら

 

CoRich「観てきた!」クチコミはこちら

 

舞台写真は追ってアップしますので、お楽しみに。

 

中村が劇団@nDANTE公演のアフタートークに出演

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

代表中村が劇団@nDANTE公演のアフタートークのゲストとして招かれました。

新潟での公演になりますが、お近くにお住まいの方はぜひお越しください。

 

劇団@nDANTE 第13回公演「タイフーンパニック」

作:柳沼昭徳(烏丸ストロークロック)
演出:石川 直幸

 

公演詳細はこちら

中村のゲスト出演回は11月2日(土)14:00

JACROW#27「フィクション」チケット発売記念イベント開催

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

JACROW#27「フィクション」のチケットが前売発売開始することを記念し、JACROWメンバーによるイベントを行います。

また同時に前回公演『ざくろのような』DVDの発売を開始します。

日曜、下北沢でマチネ観劇予定の皆様、少しだけ早く家を出ませんか?

 

JACROW#27「フィクション」チケット発売記念&#26「ざくろのような」DVD発売開始記念イベント!!

日時:2019年10月27日(日)12時30分〜13時30分(約1時間)
場所:下北沢観劇三昧

入場料:ハズレなしのお得な500円ガチャ一回!!

 

JACROWを知ってもらうために過去作品をリーディング!!なんと新劇団員も出ちゃいます!!

もちろんチケットリリースイベントのため当日観劇三昧にてチケット購入頂いたお客様には特典あり!!

前回公演「ざくろのような」はもちろんJACROWの過去作品のDVDや台本も発売予定!!

その他リーディング豪華ゲストも出演予定!!
詳細はJACROW公式Twitter(@from_jacrow)にて発表!!

観劇三昧さんで行われる超至近距離イベント!!

お待ちしております!!

宮越麻里杏 客演のお知らせ(10/9〜10/14)

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

 

 

ガラ劇 第二十二弾公演 『ホゥル』

作・演出ガラ林

中野ウエストエンドスタジオ
JR・(総武線 ・ 中央線) ・ 東西線 中野駅より徒歩15分

西武新宿線 ・ 新井薬師前駅より徒歩7分

 

公演スケジュール

10/9(水) 19:00(A)

    10(木) 19:00(B)

    11(金) 14:00(B) 19:00(A)

    12(土) 14:00(A) 19:00(B)

    13(日) 13:00(B) 17:00(A)

 14(月) 12:30(A) 16:00(B)

 

前売り 3,800円  当日 4,000円
高校生 1,000円  学割 2,500円
リピーター 3,000円  
階段桟敷席 2,500円(数量限定)
※学生は学生証の提示が必要です。 

A・Bございますが、宮越麻里杏はどちらにも出演いたします。 
        
大人のグリム童話の様な感覚でご覧いただけると幸いです!

宮越麻里杏チケット予約専用フォーム

 

各地で自然災害が多発しており、心苦しい日々でありますが…今を生き後悔のないよう歩んで参ります。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。(宮越麻里杏)

谷仲恵輔 客演のお知らせ(10/3〜10/14)

暑さも落ち着き始め、ようやく大好きな秋を心待ちにしております、劇団員、谷仲です、皆さん、お元気でいらっしゃいますか。
自分は今、外部出演を控えておりまして…ではないな、自分は現在、劇団チョコレートケーキの看板作品『治天ノ君』の絶賛ツアー中でございまして、今月まで地方公演を行なっており、そして来月、東京芸術劇場にてファイナルを迎えます。
既にチケットはかなりの売れ行きだそうで…特に千秋楽は完売で…しかしまだ他の日はまだご予約可能とか。
少しでも多くの方に見ていただきたいと思うのです。
是非ご来場頂きたいと思います。(谷仲恵輔)

 

 

劇団チョコレートケーキ第31回公演『治天ノ君』

 

激動の明治・昭和に挟まれた『大正時代』。そこに君臨していた男の記憶は現代からは既に遠い。暗君であったと語られる悲劇の帝王、大正天皇嘉仁。しかし、その僅かな足跡は、人間らしい苦悩と喜びの交じり合った生涯が確かにそこにあったことを物語る。明治天皇の唯一の皇子でありながら、家族的な愛情に恵まれなかった少年時代。父との軋轢を乗り越え、自我を確立した皇太子時代。そして帝王としてあまりに寂しいその引退とその死。今や語られることのない、忘れられた天皇のその人生、その愛とは?

 

【脚本】古川健(劇団チョコレートケーキ)
【演出】日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)

 

【出演】
西尾友樹
浅井伸治
岡本篤 (以上、劇団チョコレートケーキ)

青木シシャモ(タテヨコ企画)
菊池豪(Peachboys)
佐瀬弘幸
谷仲恵輔(JACROW)
吉田テツタ

松本紀保

 

【劇場】東京芸術劇場・シアターイースト

 

【公演日程】
10月
3日(木) 19時
4日(金) 19時
5日(土) 14時 / 19時★
6日(日) 14時
7日(月) 休演日
8日(火) 19時★
9日(水) 14時
10日(木) 19時
11日(金) 19時★
12日(土) 14時 / 19時
13日(日) 14時
14日(月・祝) 14時★

★アフターアクト…登場人物にスポットをあてた一人芝居。
本編では語られないもうひとつの物語。(1作品5分から10分を予定)
5日19時…浅井伸治、8日19時…岡本篤、11日19時…西尾友樹
14日14時…浅井・岡本・西尾
※1…平成割(平成生まれの方は無料。要予約。要証明書提示。劇団のみ取扱。)
※2…貸切公演
◎受付は開演の45分前、開場は開演の30分前
◎本編の上演時間は約2時間20分を予定いたしております。

【料金】全席指定席 ※未就学児の入場不可
前売 ¥4300
当日 ¥4500
初日割 ¥4000
U25 ¥3800(25歳以下。要証明書提示。劇団と東京芸術劇場のみ取扱。)


皆様のご来場、こころよりお待ち申し上げております!

福田真夕 客演のお知らせ(10/3〜10/13)

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

舞台は戦時下。演劇への厳しい検閲や弾圧が横行する中、必死に生きた演劇人たちの物語です。私は女権拡張論者の作家で、日本演劇総理大臣賞を決定する審査員の一人を演じます。今のこの時代にも通ずる演劇への思いが届くよう舞台に立ちたいと思います。ぜひご来場お待ちしています!! (福田真夕)

 

 

 

 

ロデオ★座★ヘヴン『日本演劇総理大臣賞』

【脚本・監修】柳井祥緒(十七戦地)

【演出】望月清一郎(鬼の居ぬ間に)

 

【出演】(五十音順)

伊藤俊輔(ONEOR8)

音野暁(ロデオ★座★ヘヴン)

菅野貴夫

榊陽介

澤口渉(ロデオ★座★ヘヴン)

島口綾(こゆび侍)

杉山圭一(★☆北区AKT STAGE)

鈴木朝代

高野絹也(TOHOKU Roots Project)

田中良子(AND ENDLESS)

鶴町憲

福田真夕(JACROW)

森田陽祐

 

日本演劇総理大臣賞ーー1940年に、時の政府によって創設された、優れた演劇作品に与えられる賞である。ある者は渇望し、ある者は権力にひざまづくことを厭い憎んだ。そんな曰く付きの賞の選考会が開かれる。

本来ならば選外になるはずの左翼演劇が選考に残っているのを皮切りに、賄賂疑惑、権力への忖度など、選考会は荒れに荒れた。やがて浮き上がる一人の演劇人の姿……

権力と芸術を題材に柳井戯曲×ロデオ★座★ヘヴンのラストバトルを俊英・望月清一郎が演出。瞠目必至!

 

《公演日程》

福田出演回のみ抜粋

10月5日(土) 19:00

    7日(月) 19:00

    9日(水) 19:00

    10日(木) 14:00

    11日(金) 19:00

    12日(土) 14:00◎

    13日(日) 17:00

◎10月12日昼の回のみ託児サービスあり。要予約。

イベント託児・マザーズ 0120-788-222   0才・1才 2000円 / 2才 1000

 

《劇場》

花まる学習会王子小劇場

 

《チケット》(全席自由)

3900

 高校生以下(要学生証)  1000円

2作品通し券(前売予約のみ)7500

 

【福田真夕チケットフォーム】

https://www.quartet-online.net/ticket/rodeo12?m=0mjagbc

 

【ロデオ座ヘヴン 本公演特設ページ】

https://rodeotheheaven.wixsite.com/rodeo/next