JACROW#16『パブリックリレーションズ』で得たものメモ。

グラフィック0116.jpg
非常に個人的。

先輩の言葉や自分の気づき。

すべては宝。


--------
■常に心理と反対の何かを持つ。
反発し合う何か。

■緊張は宝物。ストレスもまた然り。不用意に動かない。

ここぞという時に一撃。

これはJACROW『明けない〜』の直後、DULL-COLORED POP vol.8のマリー2ndの先穐楽前にとある先輩からも言われたなぁ、思い出した。

■稽古場でどれだけ傷つくか。戦いは稽古初日から始まっている。
稽古は本番のように、本番は稽古のように。

■舞台上を『怖い』と思う気持ちが大きくなければ先輩には勝てない、追いつけない。

■演出家的ともいえるな、広い視野・冷静な目線があれば、よりパワーをぶつけられる。役の輪郭が厚くなる。大きさが広がる。

■役の人生を、その舞台上に乗っている以降まで考える。これは自分がよりその役を愛する秘訣に私は感じる。
深まる。

■負けず嫌い精神。先輩にも後輩にもプレッシャーにも負けない。自分は自分でしかない。のだ。

■幕は開く。どんなコンディションでも本番にベストな集中力を持ってく回路。

■改めて、“諦める”ことの大切さ。
以前時間堂で得たもの、再認識。

■影響を与えること。与えられること。丁寧に。居る。存在する。ライブを。


--------
JACROWを見に来てくださった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!

また劇場にて、お会いいたしましょう。

堀奈津美(DULL-COLORED POP)
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL