クラブ牡丹閉店

本日、クラブ牡丹、とうとう数多の焼失を繰り返し、とうとう燃え尽きて閉店しました。

数多くのご来店頂き、本当にありがとうございました。

クラブ牡丹を十数回に渡り燃やしましたがとうとう閉店することになるかと思うと、…まあ、このくらいで良かったのかもしれませんね、そう思ってます。


まあ、ひどいお店、雑な魑魅魍魎がうごめいておりました。


いつも芝居やっていて思う事、世の中で一番恐い生き物はまさしく『人間』です。
素敵だと思ってます、言葉をしゃべり遮二無二、一生懸命頑張る姿は。

でも、本当にこわいな、クラブ牡丹にいる人達は本当に酷かったな。
綺麗でいることを許されない。
綺麗になった瞬間、捨てられる。
だから野村はどこまでいっても逃げる瞬間を探していたんだろうな、と。
最低の選択でしたけどね。



でもこんな店の有様、沢山の方に見に来て頂いて。

ありがとうございました。


野村はもういませんが、谷仲恵輔は銀座のナイトプールという店で引き続き、真心もった接客と歌を披露します。
もし、よろしければ是非!



ひとまず今日は千秋楽、すみません、朝まで飲みます。



御来場、ありがとうございました!
心より御礼申し上げます。


谷仲恵輔


追伸。
話はフィクションです!
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL