作演からご挨拶

この稽古場ブログではお初、脚本・演出、のぶりんこと、中村暢明です。
みなさん、こんにちは。

さて、みなさんはもう「明けない夜」のチケットをご購入いただけたでしょうか?
なに?まだ?・・・それは残念。(涙)

確かにどんな作品かもわからん芝居のチケットなんか買ってられるか!ということでしょう。初日が明けて、評判を聞いてから考えよう、みたいな。
もちろん、そういったポリシーを否定するつもりはありません。個人の自由ですから。でもこういった興行ものって、チケットを買ってから、当日を迎えるまでのワクワクドキドキも楽しいと思うんですが、どうでしょう。体調を万全にして臨むぜ、みたいな。

そして今回の芝居、そういうワクワクドキドキを絶対に裏切らない作品にしようとスタッフ・キャスト一同、全力で取り組んでいます。はい、当たり前ですね。

ということで、今回の作品についていくつか。前売り購入の参考していただければと。

まず今回、笑いゼロ、です。
演劇に笑いだけを求める方は辛いと思うので来ない方がいいです。その代わり、心を揺さぶるシリアスな人間ドラマを描いています。重厚かつ切ない作品になります。そういうドラマ好きな方にぜひ観て欲しい作品です。

大きなストーリーを言ってしまうと「誘拐事件を解決する刑事ドラマ」です。ただ誤解して欲しくないのはミステリー作品じゃありません。つまり刑事を中心とした犯人探しが作品の骨格ではないということです。
あくまで、その事件を捉える被害者家族や刑事たちの内面と、なぜその事件が起こったのかという犯人側の内面を描いた人間ドラマだと言うことです。なので、推理小説は難しくてダメという方にも安心して観ていただける構造になっています。

さて、どうでしょう?チケット買いたくなりましたか?

ご予約はJACROWのHPから。
パソコン→ http://www.jacrow.com
モバイル→ http://www.jacrow.com/mobileindex.html

あと、もしよろしかったら私のブログも覗いてみてください。今回の作品に対する個人的な思い込みを書き殴っているので。
NOBLOG→ http://wind.ap.teacup.com/jacrow/

スポンサーサイト

コメント

重たーい気分にさせます。笑
でも芝居って結局、そういう生の空気を味わう芸術だと、最近強く思うようになってまして。
だからとことんそういう空気作りに今回、こだわってます。
お楽しみに。

  • のぶりん
  • 2009/07/02 10:37

的確で丁寧な解説ありがとうございます。参考になりました。
絶対重たーい気分になりそうだから、覚悟して観に行きます(笑)

  • 未来
  • 2009/06/24 21:04
トラックバック
この記事のトラックバックURL