『ざくろのような』オフショット

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

オフショットではなく、正式な舞台写真はこちらをご覧ください。

 

場当たり(※セットが立ち、照明や音響などを合わせながら本番仕様に立ち上げていく稽古のこと)中、芝居を止めている間がそれなりにあるんですが、その間、関係ない役者さんは待ち時間になるわけです。そんな瞬間を捉えた3枚を紹介。

 

この時間は後方のラウンジシーンの動きを確認しているものと思われますが、前の谷仲さんはブラインドを開ける仕草をして遊んでます。もちろん、こんなシーンはないし、ブラインドも照明で作ってるので、実際にはありません。それっぽくやってるだけです。

 

劇中は仕事に厳しい師弟コンビのふたり。福田さんは屈託なく笑ってますが、きっと何か楽しいことがあったのでしょう。芦原さんの表情から察するに、彼が何かボケたのではないかと思われます。

 

これはまさに野間と蔦が言い合うシーンですね。もちろん、こんなシーンはないし、野間(小平さん)もふざけてるわけじゃありません。照明の修正中、人が上にいるので、劇場ではヘルメット着用が義務付けられてるんです。この表情を見れば小平さんがみんなから「モンキー」というニックネームで呼ばれてる理由をご理解いただけるのではないかと。

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL