『カノチカラ〜リグラーの変態〜』の舞台写真

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

中村です。

もう終わって2か月近く経ち、今さらではありますが、そういえば舞台写真を公開してないということに気づいたのでアップします。カメラマンはいつものごとく淳くんです。稽古場から付き合ってくれるので、気持ちのいい絵を切り取ってくれてます。

 

亮子と青木君。なんとなくうまくいってない恋人同士という設定。

観てない人にはテーブルの上の紐は何だと思うかもしれませんが、実はワイヤーで吊ったテーブルで芝居を作りました。浮いてるテーブルです。この作品の不安定感をセットでも表現したかったのです。

 

亮子が谷仲から怒られてるところ。パワハラがテーマだったので怒り方の強さは稽古期間中、かなり試行錯誤しました。

 

同じくなべくみからパワハラを受けてるところ。言葉ではなく「呆れる表情」というパワー。

 

亮子と今日子、親娘の会話。このシーンは審査員から評判よかった。それはつまり親娘の「あるある」感をうまく表現できていたからだと思う。

 

うっちーは自分の働き方を押し付けるというパワー。会社人からしたらもっとも「あるある」です。

余談ですが、社会で最も難しく、最も責任あり、最もやりがいのある仕事は「教育」だと思う。それほどに人が人に何かを教えるという「教育」は難しい。言うまでもなく、ここで言ってる「教育」とは教師だけがしているものを言ってるわけじゃありません。あらゆる場面で必要になる広義の「教育」です。たとえば「演技指導」とか。

 

ラストシーン。合掌。

という作品でした。

 

せっかくなのでオフショットも公開。

 

谷仲とうっちーが指を差してます。これは会議室の「表示」がどこにあるかの確認ですね。ここにないものを見て芝居するとき、例えば部屋に「時計」があるという設定の場合、こういうことを現場で確認しあいます。同じところを見てないとおかしいから。

 

この写真、結構好き。明かりを作ってる時の待ち時間、役者陣はいろんなことを会話してます。何を話してるかわかりませんが、なべくみが大笑いしてるところを見ると楽しい話をしてるんでしょう。うっちーは考え事をしてるようです。

 

で、最後はこの写真。

青木君と今日子がマリオネットと化してます。笑

テーブルを吊っていたワイヤーがそう見えるんですね。

 

以上、舞台写真でした。

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL