若手演出家コンクール2016最終審査<結果>

若手演出家コンクール2016最終審査参加作品
JACROW 『カノチカラ 〜リグラーの変態〜』
脚本・演出:中村暢明
【出演】
谷仲恵輔、鍋島久美子、蒻崎今日子(以上JACROW)
青木友哉(MU)、内田健介、奥野亮子(鵺的)

 

本件、3/5(日)に公開審査が行われました。

審査員の審査過程が目の前で行われ、その場で投票、結果発表というものです。

 

結果、残念ながら最優秀を取ることができませんでした。

応援してくださった皆様、期待に応えることができず申し訳ありません。

審査員の投票の結果は日本演出家協会のHPに掲載されてるのでどうぞご覧ください。

 

さて公開審査で言われた数々のダメ出し、納得できるものもあれば、そうでもないものもあったり。でも色んな意見があってしかるべきだと思っているのでどれもこれもありがたい言葉ばかり。

 

美術家の加藤ちかさんは投票でうちを最下位にしており、うちみたいな作品は好みじゃないんだろうなーと思ってたら、審査会後の飲み会でものすごく嬉しい言葉を言ってくれて、かつ、「中村くんには頑張ってほしいんだよ。中村くんみたいな作品はね、中途半端な点数付けちゃいけないのよ。4点(1位)か1点(最下位)なんだよ」というわけのわからない理屈で1点を付けたと説明されたのはなんだか嬉しかった。苦笑

 

いやーやっぱ審査員をやるような先輩たちはみな面白い。バイタリティ半端ない。毒気にあてられ、いい意味で悪酔いした気がするが、めちゃくちゃ楽しかった。俺もまだまだだなと思う。

 

それにしても今回ほど、キャスト、スタッフの力を頼もしいと思ったことはない。みんなどうすれば作品が面白くなるかという視点で結集してくれた。だから結果は結果で厳粛に受け止めるけど、あーすればよかった、こーすればよかったという想いはまったくないので、そりゃ悔しいけど、でもなんだか清々しい気分でいるのが正直なところ。おかげで俺的には世の中に一石投じる作品になったと自負してるので。


そういう意味でも関わってくれたキャスト、スタッフには心から感謝しています。

この場を借りて熱く御礼申し上げる次第。

ありがとうございました。

 

さて次回本公演は11月になります。

少し間が空きますが、これからの8か月をインプットの期間にしたいと思っています。

縮こまったバネほど高く飛ぶと思うので、乞うご期待!

 

今後ともJACROWならびに今回関わってくれたキャスト、スタッフを温かく見守ってくれたら幸いです。

何とぞよろしくお願いいたします。

 

2017年3月吉日 JACROW代表 中村暢明

 

JUGEMテーマ:演劇・舞台

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL