「夕闇、山を越える」終演のご挨拶 by kumiko nabeshima

ご挨拶が遅くなって申し訳ありません;;
JACROW #22「夕闇、山を越える」
皆様に支えていただいて
11/26に、千秋楽を迎えることができ、無事に全日程終幕いたしました。
私は、今回の作品でJACROWは、二回目の出演でした。
今キャストで、劇団員は谷仲さんと私だけ。
谷仲さんは、別の公演出演の為、稽古合流が遅くなるので
それまでは、私一人。

代表の、のぶさんは演出の立場だし、台本を書きあげる作業もあったから、
劇団員の唯一のキャストとして、みんなをまとめていけるかなぁっていうプレッシャーが始まる前からすごく強かったです。
だけど、始まってみれば、一人じゃどうにもできないから、
みんなを頼っているうちに、
みんなに上手く転がされていつの間にか、
この座組が私にとって、とても居心地のいい場所になっていました。
終わった後も、みんながいい座組だったって言ってくれていて、
ほんとに嬉しいです。
千秋楽を観に来てくれた母も、いい雰囲気が舞台から伝わってきたと言っていました。
座組の雰囲気って舞台上に乗るものだと思うから、
それを聞いたときジワジワ嬉しかったです。
キャスト、スタッフ、関係者の皆様と、
みんなでこの作品を盛り上げていけたことを誇りに思います。
なんか愛が止まらない文章(笑)
打ち上げの大入り袋のときに、これくらい言えればよかったのに
なかなか言葉が出てこなかったな(笑)
今回の私は神楽坂の芸者の役。「円子」さんという実在の人物。
ヘアメイク、着物、踊り、歌、所作、時代、芸者っていう職業、実在の人物、、それから、、劇団員っていう立場。
どれも私のキャパを軽々とオーバーしていて、
この一か月、命を燃やして頑張りました。
公演中は、本番前にヘアメイクをして、
髪がきまらない時は、蒻崎さんに手伝ってもらったりして、
みありさんに着物の着付けをしてもらって、
劇場に入る前に、吉水ねえさん達、当日制作さん達に
「行ってらっしゃい!」って送り出してもらって
なんだか本当に芸者になった気分で、蝶になったみたいでした。
自然に、みんなに芸者にしてもらって舞台上に立てました。
JACROWの本公演は、一年後になりますが、
キャスト、スタッフ、関係者の皆さんの活躍はきっと、
ガンガン続くと思います。
それぞれの活躍を応援、温かく見守っていただければ嬉しいです。
私もまたどこかの劇場で皆様にお会いできるようにがんばります^^
これからもどうぞよろしくお願いいたします☆
kumiko nabeshima

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL