『くろはえや』終演のご挨拶

JUGEMテーマ:演劇・舞台

中村です。
JACROW#21『くろはえや』、全ステージ終了しました。
ありがたいことにたくさんのご感想をいただきました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

twitterの感想まとめはこちら
CoRich舞台芸術「観てきた!」はこちら

自分の中で今までとは違うJACROWをお見せしたいとの想いから「今作から第3フェーズに突入」と以前の記事に書き込みました。

#11『紅き野良犬』までを第1フェーズとすると、「トリッキーな演出」にこだわった時代でした。照明、音響もカットチェンジで変えたり、脚本も時間軸を逆さまにしたり、まあ演劇的なことを突き詰めてきました。

#12『明けない夜』から#20『ざくろのような』までを第2フェーズとすると、「リアルな演出」にこだわった時代でした。それまでの反動かもしれません。トリッキーさを極力排除し、台詞もごく自然に!というのがテーマでした。

さて今作から第3フェーズに突入と書きましたが、これも自己分析するなら間違いなくこれまでの反動になります。
前作『ざくろのような』で最後、2人の男が座ったまま叫び合うシーンがあって、なにげにこれが好評で、でも現実にはそんな座ったまま叫び合うなんてありえないわけで、でもそういうリアルを超えたところにもリアルがあると気付いたわけです。
今作のラストで徹と御子柴が同じくテーブルを挟んで向かい合い、叫び合うシーンがあったんですが、「また同じ」という批判はこの際無視(苦笑)、こういうリアルを超えたリアルをどうやって作っていくかが今の自分の一番の関心ごとです。

実は今作の全体演出のテーマを「朝ドラのようにしたい」とキャスト陣にはずっと言い続けてました。朝ドラのリアルさって、ホントのリアルさじゃないと個人的には思うから。でもみんな感情移入して涙するからあれだけ視聴率を稼ぐわけで。なんかそういう「リアルを超えたリアルな演出」を模索し続けることを標榜したからこそ「第3フェーズ」と宣言したわけです。

という意味でお馴染みタイトルコールを止めました。たくさんのお客さんから「なんでやんないの?楽しみに待ってたのに」と言われましたが、しばらくはやりません。それが今の私の演出テーマにそぐわないと判断したからです。まあそのうちまた反動がくるかもしれませんが。苦笑

ということで、この先、どういう風に作風が変化していくのか、自分でもわかりませんが、でも間違いなく言えることは、JACROWのベスト作品は「常に最新作」ということです。だから今は『くろはえや』がベスト作品です。今年の11月までは。笑

今後ともJACROWをよろしくお願いいたします。メンバーを代表してご挨拶申し上げます。

2016年6月13日(月) JACROW代表 中村暢明

↓下諏訪に視察旅行に行った『くろはえや』一行。
 真ん中奥に立っている平原さん(吉水の高校時代の同級生)には大変お世話になりました。


↓ゲネプロ終了後、キャスト・スタッフで記念撮影

クローズアップ

DSC_0151.JPG

舞台上の棚には、
「クローズアップしもすわ」
「諏訪湖」
「文藝別冊 田中康夫 しなやかな改革」

他に
「こんにちは 県議会です」
「歩きたいわ しもすわ」
「広報 ながのけん」
などがあるずら。

本日千秋楽!!!

14時と19時、行ってくるでー

蒻崎今日子

感想いただいてます

蒻崎です。

「この作品とともに梅雨入りしたのはなんだか偶然ではないような気がする。」というお言葉は面白い。
九州を飛び越えてまで雨を呼んでしまった。
と、思っておこう。

感想まとめ
http://togetter.com/li/984554

感想まとめ
http://togetter.com/li/985295


以下の予約フォームからは、前日の0時まで受け付けております。
それ以降はこちらのコメントなどでもOK!
ご予約お待ちしております!


JACROW「くろはえや」チケット予約フォーム


折り返し

谷仲です。

6月らしく、雨が降ったり止んだり、はっきりしない天気ですね。



この芝居もずっと雨が降りっぱなしです。
スタッフの方の尽力のおかげで、雨によるもやもやした空気が醸し出されております。


個人的には、雨が嫌いです。
恵みであったとしても。

雨が延々と降り続く毎日、考えただけでもうんざりします。
熱帯雨林気候の東南アジアに住むとか、とてもじゃないけど無理です。


それが、今回の芝居をやるにあたって、活かせてるとは思います。

人というのは、思った事を口に出す事は、個人的にもそうなんですけどあまりないと思います。

それが、環境によって精神状態が変化して、つい口走ってしまい、ともすれば関係性が大崩れする事もままあります。


今回の芝居は、災害に遭った人間たちのお話です。

災害によって、いかに無力か、そして残酷か。

やっぱり、世の中で一番怖いのは人間です。




今日はまさしく折り返しの日です。

不安定な天気が続きますが、劇場は開いておりますので、是非、安心してご来場下さい。

これからまた違う何かも起こるかもしれません。


お楽しみに。

ご予約は下記URLへ。
http://ticket.corich.jp/apply/73199/010/

お待ちしております。

谷仲恵輔

『くろはえや』舞台写真公開

JUGEMテーマ:演劇・舞台

2日目が終わりました。まだまだ前半です。
どうしようかな〜と思っている方、ぜひぜひご来場ください。前回公演『ざくろのような』で、ある意味、JACROWの第2ステージが終わったと思ってます。どこから第2ステージなのかはこの際どうでもいいので書きませんが。
そういう意味では第3ステージの幕開けに相応しい作品になったのではないかと自負してます。お客様からは「いつものJACROWっぽさに満足した〜」と言っていただいているので、見た目にはまったく変わってないですが、俺の中では変わったのです。
そのあたりに話は千秋楽後にでも。

ということで、いつものごとく炎のカメラマン鈴木淳くんによる舞台写真。めっちゃ素敵です。ご観劇の参考にしてください。
チケットのお申し込みはこちらから。

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] 出勤簿 訪問看護ステーション 訪問看護 アウトソーシング

















 

「くろはえや」3日目。15時、20時開演


おはようございます。鍋島です。

おととい初日が開けて、初日乾杯というものがあったのですが、そこでお客様とお話しする機会がありました。

みなさんこのブログを読んで観に来てくださっているという事を知り、驚きました。

読んで楽しみにして来てくださっていて、嬉しかったです。

 本日くろはえや3日目です。

昨日、観に来てくれた友人に、「劇場、間違えたと思った!」と言われました()
☆JACROW「くろはえや」SPACE雑遊で合っています!◎

新宿
3丁目です。(新宿区新宿3-8-8 B1

 本日15時開演と20時開演です。

 雨もちらほら降っていますので、気を付けてお越しください^^

 鍋島久美子 URLhttp://ticket.corich.jp/apply/73199/007/

くろはえや、本日2日目

初日が明け、たくさんのお客様から感想を伺って、ほっとしたところです。
ちゃんとモヤモヤするみたいw

ちょっといつもより爽やか、とおっしゃっていた方がいたので、
物足りない?と聞くと、それは十分!!!!と即答いただきました。

まだまだご予約、お待ちしております!

JACROW「くろはえや」チケット予約フォーム




蒻崎今日子

初日あけたー!

日曜日が初日というのも珍しいし、昼の回が初日というのも珍しい、「くろはえや」、最初のステージ終わりました!
夜の回の後は、「アフターミーティング」があります!

よくあるアフタートークとはちょっと違って、なんというか、サロンのような、作品の理解を深めることを目的に、JACROWメンバーとお客様とが相互に意見交換をするトークイベント…大丈夫、無理やり発言させたりはしません!
ファシリテーターとしてプロのうちの中村が優しく司会進行します。

ええもちろん!今日これから駆け込みも受け付けますが!9日木曜日の夜がびっくりするほど大歓迎!
この日に来れるというお客様のいる役者は英雄扱いです。
スケジュール帳のチェックをぜひぜひお願いいたします!!!

新宿、雑遊より、にゃくざきでしたー

あす公演初日です!


こんばんは、鍋島です。先ほど、場当たり、ゲネプロを終えて、お客様の客席をつくり帰宅しました。
舞台と客席の距離なかなか近いです^^
もしかして、お客様に一番近づくのは私かもしれない。。

いよいよ明日なんです。

初日です〜。「くろはえや」よろしくお願いいたします

鍋島久美子

『くろはえや』出演者コメント(鍋島久美子より)

JUGEMテーマ:演劇・舞台

オーラスを飾るのはうちの新人、鍋島久美子。新人つってもフレッシュ感はなく、むしろ歳食った女です。なぜうちに入りたいと思ったのか、いまだに謎ですが、その心意気を買い、芝居も見ずにOKしました。MUのアユムくんだったり、TOKYOハンバーグの大西君だったりから「のぶさん、思い切りましたね〜」と言われたときは「ちと早まったか・・・」と少し後悔。どういう意味で2人がそういう発言をしたかはわからないが、でもMUやTOKYOハンバーグには過去に出演しているからこそのコメントではあるんだろうなと。

なるほど。そういうことかと。2人の発言の意味、今ならよくわかります。確かに俺、思い切ったなと。笑

さて何に気づいたかというお話は長くなるのでここでは控えますが、決して芝居が下手だったとか、そういうことじゃないです。そういう意味では今では別に後悔してません。彼女を入れたことに。ある意味、面白いから。(←ココ重要)

JACROW新人女優、鍋島久美子に風が吹いてるかどうかわかりませんが、彼女の芝居も見ずに作家がアテガキしてくれたキャラが、彼女の持ち味を引き出す具合に書かれていて、だからこそJACROW初参加に相応しい核弾頭ポジションになってます。ぜひぜひご注目ください。
 


公演詳細、チケットのお求めはここをクリック