JACROW#20『ざくろのような』終幕

JUGEMテーマ:演劇・舞台

代表中村です。
少し遅くなりましたが、終幕の挨拶です。
おかげさまををもちまして、JACROW#20『ざくろのような』全9ステージ、無事終了いたしました。改めて関係各位とお客様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

作劇裏話的なものはまた改めて振り返ることとにするので、ここではひとことだけ。

今回、宣伝するにあたって「20回目の節目公演だからこその原点回帰」と公言してきました。何を持って原点回帰したのか、説明します。大きくは2つあります。

1つは舞台美術。
ここ数作は抽象舞台でした。でも実は3〜4年前はバリバリの具象舞台で芝居を作ってました。具象舞台ならではのリアルさを今回改めて挑戦したかったということです。もちろん抽象舞台ならではの良さもあるのですが、今回、描きたかった作風は具象舞台ありきで出発したかったということです。

2つめはざっくり言えば「作風」です。
#12『明けない夜』以降、なんとなく俺の中でも、また客演さんの中でも、もっと言えばお客様の中でも、「JACROWの作風」が共有されてきたような気がします。そこを外さないってことを念頭に置きながら作劇してました。俺の中で。前作までは。
それはそれで期待を裏切らないという意味ではとても重要なことではあるんですが、今回はそこを取っ払って、純粋に「面白い」と思えるものを目指そうと思ったということです。結果、今まで観に来てくれたお客さんが離れるかもしれない、というリスクを覚悟で。それは、今まで「面白い」と思ってきたものに対して「そうではないかもしれない」とゼロフラットにすることから始めた作劇でした。
まあでも当たり前ですが、結果、なんとなく「いつもの」JACROWっぽくはなったんですが、俺が作劇している以上、そうなるのは当たり前なんですが、でもそこに至るまでの過程として、今までのやり方を疑ったということです。わかりますかね?

その2つをもって原点回帰としました。ということ。
おかげでいくつか発見することができました。自分の中で「面白い」と思うことを改めて認識した作品になったというか。そういう意味では「原点回帰」して良かったと心から思った次第。

頑張ります。今後ともよろしくお願いします。次作もぜひ観に来てください。JACROWの代表作は常に最新作ですから。

集合写真「キャストのみ2バージョン」と「スタッフ・キャストバージョン」をお届けします。
重ねて御礼申し上げます。ありがとうございました。
 




ご来場ありがとうございました

千秋楽まで、無事に何事もなく、公演を打つことが出来ました。


改めまして。

JACROW#20
「ざくろのような」

終演しました。

サラリーマンのお話でした。


様々な感想を頂いてます。
高評価していただいている中の文章なども拝見させていただいてまして、全てを手離しで褒めていただいてることもなく、疑問の数々も受けておる次第です。

こういう事が有り得る、いや、有り得ない、これはダメで、これはアリ。

その通りなのだと思います。
でも、今回はこの話にしたかったんだと思います。


ご意見はこのまま、この先にまた生かすのみです。


自分自身、世の中で正直に生きてる事はおそらくないと思います。

どこかで嘘をついて、我慢をしていると思います。
グロテスクかも知れません。

でも、なるだけ本心を伝えられる方法を探しているつもりです。
自分を苦しめながらも、人をなるだけ傷めつけずに伝えていく事は努力したいと思います。

まだまだ未熟です。
ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。


本当に、ありがとうございました。


谷仲恵輔

明日まで。本日満席につき、明日のご予約お待ちしてます。

JUGEMテーマ:演劇・舞台

代表 中村です。
あと残り2ステージになりました。おかげさまで本日は満席につきチケットは売り止めになりました。ありがたい限り。ということは今から観たいって方は明日しかチャンスはありません。明日の15時をもってこの『ざくろのような』は終幕します。平日昼間という特殊な時間帯ですが、よければぜひご覧いただきたく。

で、舞台写真をいくつか公開します。ご覧いただいた方は思い出しながら、まだの方は興味をもってもらえると嬉しいです。写真見てもらえればわかるようにメーカーの開発部門を舞台にした企業ドラマです。「会社」とはなんなのか、を自分なりに突き詰めた作品になってます。繰り返しますが、明日までです。なにとぞよろしくお願いいたします。
















 

折り返しました。


1日空いて、現在昼夜公演真っ最中。
今日で折り返しです。

三連休、皆様どこかにお出かけの方が多いのか、残念ながらお客様も少なめですが、それはそれ、ご覧頂いた方に色々評価していただき何よりです。


お話は、一見平穏にも見える企業の一室より始まります。


不穏な空気が、徐々に場を支配していきます。


当たり前ですね、世の中に常なんてありません、なのに人間はどこかで穏やかな、安らかな場所を求めます。


求める時点で間違いなのかもしれません。


戦争がなくても、どこかで人間はガチャガチャさせられるものなのだと思います。


夢といえば聞こえは良いですが、夢を叶えるには常に犠牲を伴う。


自分に降りかかる犠牲なんてのはなんとでもできるやもしれません。

でも、人に与えた犠牲は取り返しのつかないものになっている事は、日常でも明白です。

戦争は目に見えやすい悪なので、簡単にノーと言えるでしょう。


日常でノーと言える事がどれだけあるか。

自分はそうそう、ノーと言えない人間です。
それに苦しみます。

でもノーと言って相手を苦しめるくらいなら、自分が苦しむ方がまだマシです。


理想形は、一切その事に気付けずに済む事なのではないかと。


…まあ、無理でしょうね、少なくとも自分は。


気付いたらおそらくなんとかなります。
苦しいでしょうけど、生きている以上繰り返してなんぼかもしれません。
どんなに学習しても、苦しんだ事は絶対に役に立つ、はず。



そんな事考えて、今回の芝居に臨んでたりします。


あっという間に折り返しです。


明日も昼夜公演。
まだまだ、お待ちしてますから。


ではでは、おやすみなさいませ、良い休日を。
その良い休日に是非ご観劇頂けたら幸いです。


お待ちしております!

谷仲恵輔

ざくろが開きました

初日の幕が無事に開きました。

おかげさまで満員の中、終演いたしました。

ざくろという硬い殻が開けると、ともするとグロテスクにも感じる見栄え。


正直、血も出ないし、死にもしないし、グロテスクでもないかもしれない作品です。


でも、目指すのはそこではなくて、そのざくろのような社会という硬い殻に内包された血の巡り、死ぬかもしれないけど死ぬ事は決して許されない、そして、実際の人間というものは、とてもグロテスクなもので構成され、様々な形状をなしていく。

そんなものが見せられれば、そしてそれは、ひょっとしたらざくろのようなものなのかもしれないな、とか、ここ数日、この作品を言葉で表すにはどうすれば良いか、それを考えてて、それが今、上記に記した事、なのかな、と、勝手に思っております。


違うかもしれませんがね。

でも、初日というお祭り感もあったかな、お客様にも喜んでいただいて、何よりな心持ちです。



明日もお席、置いてあります。
座っていただくのを、シートも今か今かと心待ちにしているようです。


…つまりご予約可能です。


是非、ご覧になっていただきたい。
ご予約、お待ちしております。


谷仲恵輔

本日から始まります! 吉田テツタ

この前の稽古で主演の小平氏が「勝新太郎な感じで演じたみた」と驚愕な発言をし度胆を抜かれ

思わず「俺、勝新太郎」という本を図書館で借りて読んだら勝新太郎氏はこんなことを書かれてました。

 

市川雷蔵というひとは、まねる、まねぶ、まなぶという三つの道を通っていった。

まねる:自分の選んだ人のまねをする。

まねぶ:そのまねた殻から抜け出す(殻を破る)。

まなぶ:一人前になり自分だけの個性で人生(芸風)を歩いていく。

 

今回の芝居、皆それぞれ色々なキャラクターを持ち込んできております。

あの映画のあの俳優や近しい友人や先輩等々を真似たり参考にしたり、または自分自身にあるものを取り出して来たり、そうでなかったり…いずれにせよ出演者みんなが虎視眈々四苦八苦で役を作っております。

果たして舞台上に勝新は現れるか?!

現れなかったらすみません。勝新的な演技は今回の芝居のゴールではなかったということで。(というか巨大俳優勝新を真似るなんて…)

 

全ての良い事柄は、遠回りの道を通って目的へと近づいていく Byニーチェ

 

と何かの雑誌で書いてました。
(ニーチェの本を読んだわけではなく)

色々遠回りシクハックしてきた本公演(どの公演でもシクハックではありますが)、間もなくゴールの初日です。

で、また再び千秋楽まで進化したくて右往左往試行錯誤でゴールを見失ったりするのでしょうが、がんばります。

この時期にこんなこと申しますと
もう主観でしかこの芝居を観ることが出来なくなってしまっているので

蓋を空けた時に痛い目合うこと多々多々なのでございますがそれでも

ジャクロウ1番の作品になりたく思います。

良かったら是非!!

小屋入り!/堤千穂

IMG_6683.jpg
こんばんは、堤千穂です。

本日、小屋入りしましたー!
やってきましたサンモールスタジオ!
朝からみんなで仕込み作業。
男性陣の皆さんは
舞台面で立て込みのお手伝い
我々女性陣も
アイロン掛けやら買い出しやら
忙しない一日でした!

我々役者陣は早めに上がらせて頂き
その帰りがけ
花園神社に参拝してきました!

花園神社の本堂の横っちょに
芸能の神様がいらっしゃるのです。

JACROW恒例行事なんだとか。

明日は場当たり!
あさってはゲネプロやっていよいよ初日!
千穐楽まで無事に終えられますよう!

芝居、面白く仕上がってます。
本当に、最後の最後の稽古まで進化し続ける刺激的な稽古でした。
この感覚この感覚!

初日の8日20時の回は
おかげさまでパンパンなのですが
他の日程はまだまだお席ございます!!
観に来て下さい!!
ご予約はコチラから!→http://ticket.corich.jp/apply/67518/005/

最終稽古!

今日が最終稽古。
狩野です。
昨日、通しを二回やりました。まだまだのびしろがありつつも、作品としては熟成されてきてます。
これに照明、音響が入ってきたら劇場でどんな空気になるのか、本当に楽しみです。
今回の僕の相方は、小平伸一郎です。
前回のJACROW公演「消失点」の時に、なんてすげー役者なんだ、と愕然とした思いがあります。
その前に一回共演はしてますが。
お客さんで見て、改めて思ったんですね。またやりたいなー、と。
今回はがっつり絡ませてもらってます。
JACROWは、最新作が最高傑作。
その名に恥じぬ作品をお届けします。
初日はありがたいことに売り止めのようですが、他の日はまだお席ご用意できるようです。
ぜひこの作品を観ていただきたい。
心よりお待ちしてます!

秋晴れ気持ち良い

おはようございます!
天気の良い日曜日、皆様いかがお過ごしですか?
私は地下鉄に揺られながら稽古場に向かってる最中です。
上演時間はどうやら100分〜105分くらいになりそうです。
スケジュールの参考にして下さい。
本番初日まで後4日ですかね。
8日初日のチケットがもうすぐ売り止めらしいので、お考えの皆様、早めにどうぞ!
チケットご予約は下記URLよりできますので、お願いいたします。
この時期、追い込み期間の稽古って、僕は好きなんです。
身体はすげー疲れてんすよ。
でも、そこに微調整とでもいいますか、繊細さが必要とする、細かな作業が必要とでもいいましょーか、そんなことをやりつつ、かつ果敢に大胆に攻めたり、全く違うことを行うとゆーか、なんか、みてて面白いんすよ。
最後の最後まで最高を模索する。
そんな感じがすきです。
JACROW史上最高で最強目指して最後まであがきます。
劇場で目撃して下さい。
小平伸一郎


 

人事

こんにちは、芦原です。

本番まで一週間を切り、稽古場もますます集中した雰囲気で、ガリガリ作品を作っております。

えと、今回の僕の役所はいわゆるエリート側のサラリーマンで、出世をある程度約束され、人事のポジションを任されている訳ですが。。

そのポジションを任される割にはまだ甘いというか、なんだか自分でも分からないうちに出世コースに乗ってしまったような男をやっております。

それにしても、出世する人間というのはどういう人なのでしょう。

明らかに人より仕事が出来ることか。
誰かが特別に目をかけてくれる運や、あるいはその人自身が持っている愛嬌のお陰か。

とても一筋縄ではいかない会社のレースですが、そのレースの行方をある程度操作出来るのが人事の仕事な訳です。

他人の人生を大きく左右出来る反面、そのプレッシャーも大きい仕事です。
嫌われることも多々あると思います。

そんな時、まあでもこいつに言われたら仕方がないかな、と思える人でいなきゃいけないですよね。

で、それが圧倒的な実力なのか、それとも愛嬌なのか。

どちらもない人間だったら、きっといつかまた誰かに足元を掬われちゃうわけで。

他人の人生をコントロールしてるようで、結局自分も誰かにコントロールされているんですし…会社って、ほんと大変…。

好きで人事をやる訳じゃないのに…でもまあこれも…仕事…ですから…。


さて、もうすぐ本番!
初日は間も無く売り切れそうな予感です。
ご予約はお早めに!

ご来場、心よりお待ちしております!

ご予約は↓こちらからどうぞ!
http://ticket.corich.jp/apply/67518/003/

芦原健介(iPhoneから送信)⌘