『消失点』終幕の御礼【長文です】

JUGEMテーマ:演劇・舞台

中村です。
JACROW#19『消失点』、17日をもって無事千秋楽を迎えました。
おかげさまで全ステージ、ほぼ満席状態だったため、お客様のたくさんの「感情」が混ざって作品を仕上げることができました。心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

今回の作品に関して、今だから話せることをいくつか。この文章を読んでるあなただけの秘密にしといてくださいね(笑)

1月末に企画が変更?
今回、本公演するにあたって吉水に脚本を任せようということは昨年の秋には決めてました。それはJACROWの作品の幅を広げるために、劇団としての強度(多様性)を増加させるために、そして何より俺の負担を減らすために(苦笑)
で、最初に走らせた企画は、なんていうか「遅れた青春もの」とでも呼ぶべきもので、1月末に冒頭15分くらいの脚本を読んだんだけど、俺は愕然としたわけです。「これはヤバい」と(苦笑)
あ、吉水の名誉のために言っておきますが、脚本が面白くないというより、企画が薄っぺらだったんですね。それもそのはず、吉水にとっては当て馬的に書いた企画をメンバー一同が選ぶという、彼女にとっては予想だにしなかった結果に、戸惑いながら書いた脚本だったから。
で、そのときに俺は判断しました。「企画を変えよう」と。元々、吉水が「書きたい」と言っていた【ネグレクト】をテーマにした作品にしようと。今考えると、そういう冷静な判断をしたその時の俺を褒めてあげたいです。だってその判断がなければ、この作品は生まれなかったわけだから。
あ、だから、前回公演『PRESS』のときに挟まっていた仮チラシと内容がなんだか異なってます。覚えている人はいないと思いますが(笑)

稽古終盤に演出変更?
作品を観てもらえた人にはお分かりかと思いますが、今回は刑事(男)と息子、被疑者(女)と娘、それぞれの親子関係を写し鏡のように反射させながら物語が進行していく二重構造になってます。その二重構造というのがミソで、2つの話を理解させながら成立させなければならないバランスの難しさがあるわけです。
で、実はそのバランスの大部分は脚本でカバーされてるわけです。吉水がうまく時空間を飛ばしながら2つの話を行ったり来たり書き分けてくれてたので。なので、演出家としては安心してそこに乗っかって作品作りをしていたわけです。
が、どうしてもクライマックスシーンが引っ掛かるわけです。被疑者(女)の方に比重が偏ってると思ってしまったんですね。もちろん、それはそれで成立はしてるわけです。事実、通し稽古はほとんどそのまま行ってましたから。でもここまでいいバランスで進んでるからこそ、こだわりたいと思ったんですね。二重構造の美学に。
で、小屋入り2日前に加えた演出変更点が、刑事と被疑者を暗転とノイズ音で入れ替え、繰り返すというシーンです。あれ、実は、その前々日の飲みの席で思い付き、1日掛けて頭の中で熟成させて生み出したシーンです。かなり締まった気がするんですがどうですかね?
で、小屋入り1日前(つまり稽古最終日)に加えた変更点が、オーラスのタイトルコールです。発想のきっかけは吉田テツタさん(署長さんを演じた人)です。彼が「刑事が主役なら最後は刑事と被疑者の2人が舞台にいなきゃいけないんじゃないか」と意見してくれたわけですね。なるほど、確かに!・・・で、あれ。一気にJACROWっぽくなったでしょ(笑)

L鮗埣翅爾悗留藹个話がしたのか?
これ、みんなに聞かれました。ではお答えします。
答えは「全員」です。全員に色々言ってもらいました。
いやー役者の皆さん、ここぞとばかりに色々言ってくる言ってくる。納得できるアドバイスもよくわからないアドバイスも含めて色々。まあでも俺がそうして欲しいと思ったので、そういうスタイルでやり切りました。みんなの言葉をシャワーのように浴びたかったんですね。で、結果、どういう芝居をするか、自分で自分を追い込んでみたくて。だからみんなに好き勝手言わせました。
で、ああいう芝居になったわけです。
だから、ああいう芝居にしたかった、というより、みんなの意見を聞いた結果、自然と出てくる演技を信じようという演出家としての判断をしたわけですね。わかるかな?

千秋楽の打ち上げで、前述の吉田テツタさんがこう言ってくれました。
「JACROWが劇団化して僕は本当に嬉しい。もっともっと劇団として頑張ってほしい。頑張れ!JACROW!」って。照れ笑いしながら(笑)

めっちゃ嬉しかったです。
「まだまだできることがあるぜ」という叱咤激励でもあると思ったので。

次回は10月上旬にサンモールスタジオです。詳細は7月頃には発表できると思います。
乞うご期待。だって「まだまだできることがある」JACROWの代表作になりますから。
 


本日、千秋楽。上演写真を公開

JUGEMテーマ:演劇・舞台

残すところ、あと2ステージ。
おかげさまでチケットはほぼ完売しました。
当日券は夜の回であれば数枚出せるかもしれません。
気になる方は、from_jacrow@yahoo.co.jp までお問い合わせください。

さて上演写真を一部公開します。
カメラマンはお馴染み、炎のカメラマン、鈴木淳くんです。













谷仲祭りですな。(笑)

おかげさまで連日満席です。

『消失点』の幕があき、おかげさまで連日ほぼ満席状態でございます。
開演5分前になるとご予約がキャンセルとなることがあります、遅れそうな場合はご連絡くださいませ。
可能でしたらお早めにご来場いただけると助かります!
観劇ポータルサイト『こりっち』への『観てきた!』感想もお待ちしております!

Kyouco Nyakuzaki

稽古場総括という名のムダ話

JACROW19#『消失点』ブログをご覧の皆さま、お久しぶりです。

今回中村さんのお手伝いをしております演出助手の者です。

ついに稽古場を離れ本日小屋入りしました!

そこで「稽古を総括して」という大役を任されまして再び登場したのですが、
あまりまとまらず、また個人的な話しになりそうです。。

今回、稽古終盤でたくさんの大きな変化がありました。

台本を初めて見たときから、今出来上がりつつある作品に至るまで、まっすぐというよりは曲がりくねった道を進むように作り上げてきました。

それが佳境を迎え、最後の最後に坂を、もはや山を登る勢いで一気に駆け上っていった印象です。

この1週間で、この数日で一気にクオリティが上がりました。

突然ですが私は今回「親の気持ち」を想像すること、理解することができない、という発見をしました。

台本を文字として読んでいても、たくさんの「わからないこと」がありました。

それを人生経験豊富なキャスト・スタッフの方々に質問し、返ってきた答えは時としてなんだかしっくりこないことも。

しかし私以外の多くの方は共感し、納得している様子。

ふと改めて考え直すとそれは自分が「子供から見た視点」でしか考えることができていないからだな、と。

自分にとっての「家族」とは「親」であり「兄弟」で、決して未来生まれるかもしれない「子供」ではないからこそ想像できない。

子供は果たして親の発しているメッセージをどれだけ理解しているのでしょうか?

子育てをしたことのある人の話しを聞くと、自分が子供の頃、親がどんなことを思って私に接していたのか、全くわかっていなかったのかもしれないと怖くなります。

親が意図的に発しているメッセージを読み取れず、無意識に発してしまったメッセージを感じ取ってしまう。

言語が未発達だからこそ、子供は親と異なる考え方をするのかもしれません。

長くなりましたが、私は今回のお話を「当然のように一緒にいる"誰か"」に対する考え方を見直すお話だと思っています。

それが「子供」であれ「親」であれ「パートナー」であれ、「当然」みたいになっているからといって考えなくてもいいではないのだと教えてくれるお話だと思います。
また「思いがすれ違う」お話だとも思います。

だからこそ、誰しもに影響を与える作品であると断言できる。

1日、1日深みを増していくこの作品を是非全身で、体感して頂ければと思います。

 

母の話

す先日、チラシのモデルをしてくれている
八敷まこととそのお子たちが稽古場に来てくれた。

八敷まことは、私蒻崎今日子が2005年に初めてJACROWに客演として出演した際に共演して以来の親友。

上のお子の歳を聞いたら5歳と言っていたので、
私の知ってる時間では、母でない彼女と母になった彼女と、ちょうど半分の時間になったわけだ。

彼女が、そのお子を叱った。
それは、そこにあるその危ない場所に近づくなという言いつけを守らなかったからだが、
真剣に怒る彼女の声はチョー怖くって、
出会って最初の5年では到底聞いたことのない声だった。

子を持ったことのない私は、当然こんな怒り方はしたことがない。

知らないことがたくさんの、未成熟なこの生き物を守るため、
そうしなければいけないのだ。

それは『しつけ』ではなく『愛』。

補足しておくと、彼女がお子を叱った何度かの中には『しつけ』のものももちろんあった。
落としてしまったお菓子をちゃんと拾いなさいというような。

こういった『しつけ』じゃないほうの『愛』のほうの怒り方のほうが
メチャメチャ真剣で私もチビりそうなほど怖かった。
当然だ、お子の命に関わる。

私の母も当然それをしていただろうが、私の記憶には残念ながら『しつけ』と、もうひとつ別の種類のものだけが残っている。

それは、『ヒステリー』だった、と思う。
まったく怖くはなかった。
ありがたいことに、母のヒステリーは、私がそれをヒステリーだなと解る年頃くらいから始まった。
誤解のないように言うが、私は母を愛しているし、その頃の母でさえ決して嫌いではなかった。

その頃の…想像もつかないのだが…
母の気持ちを思うと、私は何故だか泣いてしまう。
想像もつかないくせに。

母の中に、自分でも理解できない何かがあったのかもしれない。
想像はつかないが、その理解できないものの存在を、私はきっと恐れている。


親として子を想う気持ちはまだ想像でしかないが、
『消失点』を見ていると、
子として、
親として、
女(男)として、
色んな立場の自分が何かを言ってくる。


あなたが『消失点』を見たとき、
あなたの中の誰が、
何を言ってくるだろうか。

聞いてみる?


Kyouco Nyakuzaki

JACROW#19『消失点』出演者コメント【吉水恭子】

JUGEMテーマ:演劇・舞台
 

JACROW。

本東地です。

JACROWと言う名を初めて目にしたのは確か8年前ぐらい。
上京してすぐぐらいだったか定かじゃないが、エッジの効いたマサル時代。
あの頃は俺に出来ない事はないぐらいの勘違い野郎だったなと恥ずかしながら電車に揺られながら思い出す。
その時から必ずJACROWに出たいとやってきた。
そして今、JACROWの空気を吸っている。

濃密な空気。

もはや酸欠になる程の空気を作り出そうとしている。
そこに穴を開けて空気を入れてしまう俺がいる。
あと2日、必ず皆様が吸う空気すらないぐらいの空間を作ります。












JACROW#19『消失点』出演者コメント【中村暢明】

JUGEMテーマ:演劇・舞台
 

JACROW#19『消失点』出演者コメント【松葉祥子】

JUGEMテーマ:演劇・舞台
 

JACROW#19『消失点』出演者コメント【蒻崎今日子】

JUGEMテーマ:演劇・舞台