泰子さんはきっとうちに投票してくれたはず

代表 中村です。
おかげさまで、TABACCHIプロデュース『40Minutes』
JACROW#17.5『刀と天秤(はかり)』、無事終演しました。
まずはご来場いただいた方や関わってくれた方に多大なる感謝を。
そして何より投票してくれた方々に大きな大きな感謝とお詫びを。

・・・すいません。負けました。

結果は昨日のみありが書いてくれた通り。
3団体中3位。しかも圧倒的差を付けられて。
1位は3番目に上演した電動夏子安置システム。

電夏さん、まあ確かに舌を巻くほどの上手さ。
脚本の構成と演出の分かりやすさ、役者のまとまり・・・
そういうことがうちより1枚も2枚も上だったということだと思います。
素直に負けを認めます。おめでとうございました。

もちろん悔しいですが、でも落ち込んではいません。
結果は結果。しっかりと受け止めるだけです。
ただただ応援してくれた方には申し訳なく思っておりますが。

反省はします。
でも後悔はしません。当たり前ですが。

俺が作りたい世界を作りたいように作り、
役者はそれに100%応えてくれました。

それは勝つとか負けるとかではなく、
表現したいことを模索した結果の作品だから。

新メンバーが加入して、
このメンバーでしかできない表現を極めたつもりだから。

きっとそれが、
よくある「作り手のエゴ」になっていたことは認めます。
あまり認めたくないけど。

でも、だからこそ、「作り手のエゴ」だからこそ、
僕らの、狙いとか、意気込みとか、パッションとか、キャラクターとか、
スタイルだとか、やりたいこととか、表現だとか・・・

そんな諸々を受け取ってもらえたんではないかと。
そしてそれが「新生JACROW」なのではないかと。
そんなことを思ってもらえたら無上の喜びです。

改めてお礼とお詫びを。

そしてJACROWは再び充電期間に入ります。
次回は今年の12月。
大好きなあのサンモールスタジオに戻ってきます。
頑張ります。
今までのJACROWでありながら、新しいJACROWを魅せます。
どうぞご期待ください。

ということで終演のご挨拶でした。
ありがとうございました。

かしこ。

JACROW代表 中村暢明

「40minutes」結果報告

高嶋みありです。
代表がご挨拶する前にフライングで失礼致します。
客観と主観が入り乱れた文章ですが
どうかお許しを。

TABACCHIプロデュース
「40minutes」全6ステージ無事に終えました。

1位 電動夏子安置システム 399票
2位 劇団チョコレートケーキ 258票
3位 JACROW 183票
(途中退席は無効票)

悔しい結果です。
ですが、
新生JACROWの産声を響かせる機会となり
次に繋がるものを沢山得ることができました。
ここからの巻き返し、どうぞご期待下さい。

TABACCHIの皆様
このチャンスを与えて下さり、本当にありがとうございました。

電動夏子安置システムの皆様
劇団チョコレートケーキの皆様
同じ舞台に立てて幸せでした。
毎公演リレーのバトンを繋ぐように空気を共有する経験は、他では得られないものでした。

遠くからエールを贈って下さった皆様
暖かいお気持ちと勇気を受け取りました。

そしてご覧下さったお客様
皆様のおかげであらゆる作品は生きていけるのです。これからもご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

これからもJACROWをどうぞよろしくお願い申し上げます。

リレーで折り返し

もはや一人ブログ門番と化している
高嶋みありです(汗)

3ステ目を終え、早くも折り返し地点となりました。

色んな感想をいただきますが
総じて3団体のクオリティの高さを褒めて下さるのがとても嬉しいところです。

それぞれのテイストの違いがはっきり出ているので「好みの問題」になってくるという噂も。

さあ、投票状況はどうなってるんですかねぇ〜〜。
気になりつつ、でも気にしないようにして
明日も集中して行きますよー!

チケットはまだございます。
ギリギリのご連絡でも
info@jacrow.comまでご希望日時、お名前、枚数、ご連絡先をお送り下されば前売扱いにてご予約承ります。
お待ちしておりまーす!

本日初日です!

高嶋みありです。

いよいよ本日19時から始まりますよー。
いい天気だし当日券もございますので、お散歩がてら武蔵小山の名物商店街をふらっとあるいて、スクエア荏原にいらっしゃいませんか?

ご予約済みの方は、もちろん心よりお待ちしております♪


TABACCHIプロデュース『40Minutes』

場所:スクエア荏原 ひらつかホール
品川区荏原4-5-28
​交​通​:​東​急​目​黒​線​武​蔵​小​山​駅​ま​た​は​東​急​池​上​線​戸​越​銀​座​駅​よ​り​徒​歩​1​0​分​

http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000002900/hpg000002829.htm

3月21日(金) 19:00
(開場は開演の30分前。開場前でも建物に入ってお待ちいただけます)

【料金】
全席指定
前売:3,500円
当日:4,000円

【武蔵小山駅からのナビ】
東急目黒線「武蔵小山駅」東口出口を出ると、右手にアーケード商店街が見えます。
そのアーケード商店街に向かって進むと「ふくふく餃子」というお店がありますので、
その「ふくふく餃子」を左に曲がり、アーケード商店街を進んで下さい。
ず〜とず〜っっと進むとかなり先に、
右手に「大黒屋」というチケット・宝石類の金券ショップが出できます。
そこの手前を右に曲がって下さい。
そして進むと信号が直ぐに現れます。
そうするともう左前方に巨大な劇場「スクエア荏原」が建っています。

土日祝日は1日3万人が往来する商店街のため、時間に余裕をもってのご来場をお勧め致します。
お時間ギリギリの場合は、どこかで一本右手の大通りに出られた方が安心かもしれません。

私は明日の朝ご飯用のパンを買い、
お昼と夜の惣菜を買い、
ビタミン補給にとイチゴを買って劇場入りしました。
誘惑の多い街だわ…(^^;;

それではでは!

3団体通し

高嶋みありです。

昨日は最初で最後の、3団体通し稽古でした。
初めてJACROW以外の作品を観る機会でもありました。

芝居を観るときは、自分の感情や感覚をフリーにしたいなぁというのがあります。
その意味では、やっぱりちゃんと観られなかった。自分の出番があるから
心を持っていかれては困るのです。

相手のことを認めるからこそ
兜の緒を締めなければ
観て頂くお客さんに申し訳ない。

40minutesは、戦いでもあるし
チームプレーでもある。
そして共通テーマが「サムライ」とは…
企画したTABACCHIさん、やるなぁ。

私は心を持って行かれそうになるのを抑えました。
観客の皆様は、どうかフラットな気持ちでご来場下さいね。

明日から本番です。




何かが変わればそれは進化だ

JUGEMテーマ:演劇・舞台

脚本・演出の中村です。
早いもので明後日には本番を迎えることになりました。
そして、この直前になって「ブログを書け」との指令が、鬼の軍曹高嶋みありから。

といういことで簡単に今回の作品について。

「東電OL殺人事件」をモチーフにした物語ですが、
別に事件のことを知らなくても充分楽しめます。当たり前ですが。


最近、特に去年の『パブリック・リレーションズ』を公演した後から
明らかに演出観、というか演劇哲学が変わった私ですが、
今回はその新しいスタイルを思う存分フル開放して作劇しました。

なんのこっちゃわからないと思いますが、観たらわかります。
今までのJACROWが好きな人は軽くびっくりするかもしれません。
「へえ、こんな作品も作れるんだ〜」と。

やっぱね。サプライズがないと面白くないよね。エンターテイメントは。

つまりサプライズなので、このブログで言えることはここまで。
・・・何も言ってませんね。すいません。

でもJACROW的面白さであるヒリヒリした会話劇は今回も健在です。
そこは外しません。
その空気を作りたくて脚本・演出やってるみたいなもんだから。

それでも。
それでもいつもと違う何かが待ってます。

どうぞお楽しみに。

あ、ご予約はこちらからどうぞ


ボツ写真シリーズ。
今回のキャストは4人によるイメージ写真(堀奈津美 撮影)

いつもと違うぞ、JACROW

JACROWファンのみんな、おはよう!いや、お休み!
いやそんなこたあどっちでもいい。これから起きるヤツもいるだろうし、寝るヤツもいるだろうし。因みに俺は、ジジイなんで、寝たらすぐ起き、また寝るっていうパターンだ。

で、俺、JACROWカンパニー化の時に新しく加わった今野と申します。偉そうな書き方は、多分、劇団一のオヤジということで許してくれ。まあ、その割には演じるわけでもない、制作するわけでもない、ただ稽古場でバレーボールをやるだけのメンバーなんだが。
そんな俺だが、JACROWカンパニー化において、まさに「カンパニー」にしなければならんという難題を抱えている。小劇場という、ある意味居心地のいい空間から、JACROWを大海へ担ぎ出さないといかん。
いや、こう言うと昔ながらのJACROWファンは余計なお世話!というだろう。しかし、時代は流れている。主宰の中村も決断した。とにかく、JACROWを変えようと。

正直、中村の戯作は変わらんと思う。でも、今後それはJACROWの中のひとつの流派?になると思う。そう、JACROWという冠の下で、いろいろなJACROWが展開されるはずだ。君たちファンの目の前にも近いうちにそれは提示されるだろう。
それを冷然と執り成す使命を自分で自分に課したのが俺だ。

あ、ここで俺の個人情報をちょっとだけ明かす。根本は映像屋だ。テレビ、映画の世界に生きてきた。また、役者を抱えている。
いまは、役者をよりメジャーにするために働いている。やっぱね、売れてなんぼなのよ、役者・・・。その手助けが出来れば・・・と思っている。まあ、この事はいずれ詳しく、ファン交流会でもあれば、徹底的に話す。

で、今回。
JACROW本公演ではない。しかし、カンパニー化で一歩だけ、いや半歩だけ、いや空想だけ、歩み始めたカンパニーJACROWの第一作だ。もはや、21日オンエア、いや本番なので通し稽古真っ盛り。
それを昨日、見てきたよ、俺。
いや、いいね。40分があっと言う間だ。もちろん、本番までにいろいろ超えなければ行けない山や河や砦はたくさんある。でも、根幹はイケてるわ。
まだまだ、カンパニーというにはおこがましいかもしれないけど、明らかにカンパニーの最初の作品だ。だから、JACROWファンも、未来のファンも、過去のファンも、アンチも、みんなに見て欲しい。
そして、意見を聞きたい。芝居終わったら、見てくれたみんなと毎晩飲みに行きたい。ひとつの舞台を熱く語れるというのは素晴らしい。今回の作品はまさにそれに相応しい作品になりそうだ。

ということで、爺さんなので燃料が切れた・・・。あとは劇場で会おうな!

泰子さんの髪型と、平成9年という年

稽古場で、ヘアメイクさんに髪を切っていただいた。
JACROW17half_cut_nyack
いつ切りましょう?と聞いたら、じゃあ今から!と。わぁ。


実在した、渡辺泰子さんの写真を参考に。

事件があったのは17年前、平成9年。
参考にした写真がいつ撮られたものかはわからないけど、
正直、時代を感じる髪型。

平成9年、西暦1997年は、
写真フィルムの出荷量が過去最多だったらしい。

フィルム写真の最盛期、そしてデジカメと入れ替わり始める時代。

以下の出来事があった年。

・たまごっちブーム
・酒鬼薔薇事件
・世界初のクローン羊開発の成功が判明
・フジテレビが東京都港区台場の新社屋から本放送開始
・消費税が3%から5%に
・ダイアナ元英皇太子妃、パリで事故死
・『ポケットモンスター』視聴者がてんかんを発症する、 ポケモンショック
・モーニング娘。が誕生
・映画「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」「もののけ姫」
・流行語大賞は 「失楽園」

最近な感じもするし、そうでもない感じもする。

そうか。泰子さんの髪型、時代を感じるのではなかった。
髪型を気にして楽しむような泰子さんではなかったからだろう。
おしゃれさ皆無。
ごめんなさい、ただ普通に、ダサい。

そう、泰子の髪型には泰子を感じる。

ヘアメイクさんからは、この言葉。
「本当にこれを参考にして切っていいんですか?」
「公演後の生活に支障が出るんじゃ…」


支障は・・・出ます。


でもいい。

3月24日まで、あたしは泰子なんだ。
 

>>携帯からの予約はこちら


たちあがるとき

高嶋みありです。

稽古もいよいよ大詰め。
 
スタジオ入りしてからは
一度構築した形を
わざと壊したりしながら
試行錯誤しています。
 
昨日は抜き稽古のみだったんですが
感じたことは
 
相手のことを考えたら
一瞬でも気を抜けないのだな、ということ。
 
本番で気を緩めてしまうのが
何より怖い。
 
「自分のことなんてどうでもいい」と思い込むことの危険さ。
 
どうでもよくないんだよー。
自分の表情や動きや、醸し出す雰囲気に
相手が反応するんだから。
 
てことで、縫い物にも郵便物にも
手をつけねばなのだけど
本分を忘れちゃなんねぇなと
肝に銘じるのでした。
(ま、真面目だ。)
 
あとね、スタジオ入りして、スタッフさんがいて下さるのがとても心強いです。
 
道具や音が入ると
自分の持ってたイメージが、まだまだ下書きだったことがわかる。
 
早くチョコレートケーキさんと電動夏子安置システムさんの作品も観たいなー。
もうすぐ3劇団の合同通しです。ワクワク。
 
チケットのお申し込みはこちらからどうぞ♪
JACROW扱いとなります。
http://ticket.corich.jp/apply/50734/009/
 
TABACCHIプロデュース『40Minutes
2014/03/21() 03/24()
 
場所:スクエア荏原 ひらつかホール
        品川区荏原4-5-28
交​通​:東​急​目​黒​線​武​蔵​小​山​駅​ま​た​は​東​急​池​上​線​戸​越​銀​座​駅​よ​り​徒​歩​10分​
 
【タイムテーブル】
321日(金) 1900
322日(土) 1400 19:00
323日(日) 1400 19:00
324日(月) 14:00 ※千秋楽に結果発表あり
 
【料金】
全席指定
前売:3,500
当日:4,000
 
 
 

ジプシー

谷仲です。


稽古も佳境です。
今日から集中稽古のためスタジオに入りました。

いろんな荷物を持って行ったり来たりするのも今日で最後。
いい加減、こういう生活も辛い年になりました。
なんてったって、先週とうとう四十になった訳です。
色々なところに負荷がかかってます。
そうやって年を取っていくものなのだな、と実感出来る分、ある意味嬉しくもありますがね。


煤けた中年が、若作りして重い荷物をダラダラ持ち歩く。
汚らしくて目をかける価値もない。
それでも煤けた中年は周りを気にする事もなく、ただただ目的地に向かう。

…ときめ、かねえなあ。
一寸良い事書こうと思ったつもりが全く書けねえなあ。


よくヒトの不幸は蜜の味とか言いますけども。
自分にとって、自分が不幸に映ってたとしても構わない。
自分に対して助けの声もないのも構わない。


自分が何をすべきか。
自分に何が出来るか。


それさえ出来れば、て事も、今の時代では評価もされないでしょうが。

いいんじゃないですかね、評価されなくたって。

放っとかれる位がちょうどいい。
むしろ、そんな人生の方が幸せな気もします。


今回の芝居と関係あるかどうかは、まあ、比較にならんかも知れないですけど、まあ、詳しくは劇場にて。


さあ、その為の毎日がまた明日から始まります。
十日、切りました。

たまには違った街で芝居ご覧になるのも良いのでは。
お待ちしておりまあすよ。

ではでは。
谷仲でした。