【ディスカッション】

ども、廿浦です。

昨日の稽古では、ディスカッションをメインに行いました。

「今やっている芝居がどう見えているのか?」
「どう見せるべきなのか?」
「どう見せたら面白く見えるのか?」

良い作品を創るという目的の為、真剣に話し合う。この時間が、僕はとても好きだったりします。

今日は3回目の通し稽古。
良い作品を創る為、頑張りまっす!!

【命日でした】

日付は変わってしまいましたが、本日3月8日は、今回の作品の主人公である渡邉泰子さんの命日でした。

なので稽古後、皆で渋谷円山町へ向かい、泰子さんがいつも立っていた場所にお花を供えてきました。

その後は、喜寿荘の下の「まん福亭」で献杯。
今回のお芝居について、色々話し合いました。

明日は『刀と天秤』初通し稽古。
頑張ります。

廿浦

風化

明日、ママがいない。
さんざん文句を言われてましたが。
どれだけの方が未だにざわめいているだろうか。

世の中の動向やら衝撃やら、結局みんな構っている暇がない訳です。
残念ながら自分も見逃してます、稽古やら何やらで。
このブログもなんとかかんとか書いている状況です。

稽古場で流れる時間は自分たちだけのものなので、じっくり数時間、ちょっとずつ進めてます。


今回のお話は、JACROWは東電OL殺人事件です。
まあ、OLというのか、渡邉泰子さんは既に管理職でしたから、世間で言うOL、という感じでもないですね。
会社員の行動の裏でかけ離れたところでも腰据えていたので、そもそも東電を入れなくても良いですね。
会社内外で様々な強烈なエピソードがね、ざわざわした訳ですよ。
まあ、それをやるかどうかはお楽しみっつー事で。


あの事件、どれだけの方が未だに印象に残っていましょう。
当時の渋谷の円山町、ドロドロの街でした。
元々は花街であったそうで、多少の名残もありますが。
昼夜問わず阿鼻叫喚酒池肉林、同級生とかも遊んでました。
下品な奇声嬌声が飛び交い、性欲だけで動く汚らしい街。
ちょっと行けば東急文化村、芸術の空間。
まさしく仮面の裏、といった感じです。

人の一人や二人、その辺でぶっ倒れてても、何も驚きもされなかった。
そんな事をどれだけの方が覚えていましょう。
改めて通ってみたら何とまあ穏やかなもんか。

当時の自分はといえば、正直物凄く興味のある街でした。
でも、興味はあったけど臆病だった自分はほぼほぼ近づきませんでした。
やっぱり、病気怖いし、素性の知れない人とかと仲良くなるなんて無理無理、怖いし。

負け惜しみとして、どうせ後悔するんだぜ、遊んだら、とか思ってました。
病気感染も結構なもんだったそうです、移された腹いせにバラまいてるギャルもいたそうです。
でも結局後悔するんでしょうね。
今が楽しいから良いなんて理屈が通る筈もないのに。


彼女は、どう見てたんでしょうね。
ひょっとすると、そんな街を好きになったのですかね。


彼女の殺害にはいろんな説があります。

もとからマイナリさんの可能性はなかったでしょうね。
確かに、そんな彼女が社内で野放しにされていた事も、異常です。
なぜ生かされて殺されたのか。


今回はそんな話は一切ないので、彼女の人生だけをやります。
あ、自分じゃない、他の役者がね。


自分は、安定の舞台端でコソコソ歩きをしておりますので、気が向いたら見てやってください。


あと二週間。
あっという間です。

他の劇団とも来週から合流。
皆で飲みにいきたい。

ではまた。


谷仲恵輔

1ヶ月半経過して

えっと・・・『カルデッド』が終演して1ヶ月半が経過しましたね。代表の私がここで何も語ってなかったですね。何かあったわけじゃありません。やさぐれてたわけでもありません。単純に書く「コトバ」が見つからなかっただけです。

自分のブログ「NOBLOG」でも書きましたが、「コトバ」の難しさを痛感した公演でした。演出家として役者やスタッフに対する「演出コトバ」のことです。 分かってもらえないもどかしさ、いやそれ以前に、的確に伝えられないふがいなさに苦悩し続けた稽古場でした。

何をどう言えば分かってもらえるのか。伝わるのか。もっと言えば、伝わる以上に共感してもらえるのか。悩み続けたなーと。

残念ながらそれを解決する方法論は最後まで得られなかったけど、でも一瞬でも「わかるわかる」と共感してもらえる瞬間があって、その瞬間はもうホント超エクスタシーなわけで、その快感を得るためだけに演出やってるんだなーと自覚したりして、まあ何はともあれ演出家としての欲と課題が明確になった公演だったということです。

まだまだ勉強だなと。当たり前ですが。JACROWの次回は未定だけど。

とにもかくにも関係者の皆様に厚きお礼を。
ご来場くださったお客様に熱い感謝を。
1ヶ月半経過というKYな感じで恐縮ですが、代表からのメッセージでした。ちゃんちゃん。



ぬくもりにふれて

小平君も言ってましたが。

どーも全日程終了だったみたい。


皆さんお疲れ様でした。
関わった方も御覧になった方も。

自分は朝から仕事なので帰ってきました。
下半身が半端ない疲労感に襲われ、立っているのもままならず…
今、どーも身体中が熱持ってて大変です。
そして再来週から、別現場「芝居屋風雷紡」で本番です。

大丈夫なのか、もともとダメとは思いながら。
ともあれ、見にきてください。
大丈夫ですから。



でもまあ、生きることがせめてもの罪滅ぼしです。


それくらい、生きることが辛いです。


楽しいかな、そんな。
楽しいと思おうと持ち上げるくらいなら。
辛いなあ、と弱音を吐く方が自分は立派だと思う。

そんで、聞いてもらった人と一緒にまた頑張れば良いと思う。
ということで、次の芝居も頑張りたいと思います。



ご来場、ありがとうございました。


JACROWの次回公演をお楽しみに。


客演
谷仲恵輔

猿田モンキー改め小平伸一郎

JACROWカルデッド、全日程無事終了しました。
ご来場頂いたお客様本当に本当にありがとうございました!

ではこれから打ち上げたいと思います!すもう!


打ち上げ

さて、いよいよ打ち上げでございます!!

楽しく飲むぞー〓

iPhoneから送信

狩野より。

JACROW『カルデッド』いよいよ明日の公演を残すのみとなりました。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございます!

本当に自分は、この作品が好きです。

もっともっと自分が上手ければ、もっともっと作品を輝かせることができるのに!と苦闘の毎日です。
この作品は限りなく、上に上がり続けられる作品で、今回のメンバーもそれに挑み続けるメンバーで、本当に素晴らしい座組みです。

毎回新しい発見があり、新しい試みをし、それをちゃんと受けてくれる。

でも、それもあと一回。

この一回に自分のもてるチカラをぶつけます。

豊田課長。LOVE。

夜明け前


島崎藤村の作品に、夜明け前、という作品がある。

理想と現実に狂い果てる男。
こんな一端で表して良いか、失礼だったら申し訳ない。

以前、中国人が、理想はあくまで理想で現実には起こらないよ、無理だよ、という言葉を思い出す。



その通りだと思う。

肩の力を抜かずに生きることって、実は難しい。
やはり怖いのだ、生きるという事は。
もし簡単に肩の力を抜けたら、それは多分つまらない事なのかもしれない。
だから、どこかで、力が入って、生きることの実感を求めるのだと思う。


夜が明けたら、何が待ってるか。
突然、息をしていないのかもしれない。



改めて知る。



生きている事だけで人は報われるんだな、と。




泣いても笑っても、明日までです。

待ってますよ!




谷仲恵輔

残り1公演!!

1374999798219.jpg
JACROW#17 カルデッド
も残すところ、1公演のみです 

公演を重ねて、考えることや共演者同士色々話しあったりもしました( ´ ` )

1ヶ月半前、初めて会った共演者の方々とこんなに打ち解けて仲良くなれるなんて思ってもいなかったです((* ´艸`))

役作りのことや、こうしたほうがいいのでは??と色々ヒントをもらったりもしました。

だから、胸をはってこの作品は素晴らしい、この作品に出演できて良かったと思います。

今までに観に来て下さった皆様。
明日の千秋楽公演を観て下さる皆様。

本当にありがとうございます(    )

明日のカーテンコールではぐちゃぐちゃな顔を見せると思いますが、どうぞ最後まで肩の力を抜かずに観て下さい!!

長くなりましたが、、

私はこの座組が大スキです  (       )


飯田杏実


p.s.盗撮した貴夫さんの寝顔