えんとつ王の結果を報告します。

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

中村です。

前々回のブログにてお知らせした「えんとつ王」に参加してきたので結果をご報告します。ちなみに前々回のブログでは出演者しか記載していなかったので、改めてスタッフを紹介します。

 

第4回えんとつ王決定戦参加作品

JACROW『やみのおふくろ』

 

脚本・演出:中村ノブアキ

出演:谷仲恵輔 狩野和馬

演出助手:関智恵

方言指導:根津茂尚

照明操作:小平伸一郎

 

という布陣で挑戦しました。

 

予選ですが、以下の投票を獲得、トップで決勝戦に駒を進めることができました。

観客票を多くいただいたことがとにもかくにも嬉しかったです。

 

そして決勝ですが、残念ながら1票差で2位でした。

同じく観客票を多くいただいたことが何よりも嬉しかったです。だって私たちは県外の劇団で、しかも「新潟」を舞台にした作品だったので、嫌われないかと実はちょっと怖かったのですが、どうやら受け入れてくれたらしいってことですから。

ちなみに上演順は毎回、くじ引きで決めるんですが、予選、決勝ともに3番手でした。

 

作品としては、『夕闇、山を越える』のプロローグ的な位置付けの2人芝居(角栄と母親フメの会話劇)をやりました。2人芝居を書いたのは初めてだったんですが、これもまた勉強になりました。難しいですね。2人芝居って。

 

 

ちなみにありがたいことに作品以外の賞もいただきました。

私は栄えある初代?「タイトル王」を。谷仲は俳優部門の「イツミ賞」を。

タイトル王とは、中身を完全無視した「タイトル」だけを考えるという企画。いわゆる大喜利です。

肝心のタイトルは「3人メガネ」というもので、きっとこれを読んでくださってる皆様には「?」だと思いますが、つまりはその場の状況に助けられたということです。笑

 

谷仲さんのフメはたまたま前作上演時、客演で忙しく稽古に1週間前からしか参加できないというやむを得ない事情があり、「だったら出番が少なくてインパクトがある役」と振ったんですが、こうして生かしてくれて感謝です。和馬の角栄同様、谷仲固定の役になったのではないかと。

 

それにしても、ホントにたくさんの収穫を得た新潟ツアーでした。何よりたくさんの新潟演劇人と知り合えたことが何よりの財産となりました。新潟の皆さんにはとても親切にしていただき、ホントに感謝しても感謝しきれません。この場を借りて改めてお礼を。ありがとうございました。

 

今回、劇場入りする前、角さんゆかりの地を訪ねました。2年前、執筆時にひとりで回ったところを改めてみんなで。公演メンバー+まゆ&ひげさん

 

浦佐駅の銅像。

 

西山町にある「田中角栄記念館」前にて。

 

いや、ホントに楽しかった。それに何よりたくさんの刺激を受けた2日間でした。ということでこれから年末の#25に向けて、インプットの日々が始まります。

個々人の活動についてはまた追ってお知らせいたしますので、どうぞ楽しみにお待ちください。

次回本公演JACROW#25のお知らせ

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

次回公演は平成28年11月に上演した#22『夕闇、山を越える』の再演&続編2本立てである。

『夕闇、山を越える』は、料亭政治をモチーフに、昭和32年、田中角栄が最年少大臣に抜擢されるまでの1年を描いた作品で、ありがたいことに多くの方から好意的な言葉をいただいた。上演した当初から続編を望む声が多かったのも事実である。それはきっと現代日本を考える上で田中角栄は欠かせることのできない人物だからではないかと考える。それほどまでに影響力のある人物であり、時代だったのだ。だからというわけではないが、2時間では語り尽くせなかった想いをカタチにしたいと思う。過去を見つめるほどに今が浮かび上がってくると信じているから。


続編ではいよいよ総裁に昇り詰める直前(昭和46年頃)を描く。世にいう「角福戦争」をモチーフに、虚実入り混じった政争劇を描く。両作品を通して人間・田中角栄の本質に迫るとともに、権力とは、日本とは、昭和とは、を問いかけたい。冒頭に触れたように本公演は再演(前作)と新作(続編)の2本立てである。2本、続けて観れば4時間弱になる。ぜひとも俳優・スタッフの挑戦を体験していただきたい。

 

JACROWが描く田中角栄物語。

再演・続編一挙二本立て&新潟にて上演決定!

 

JACROW#25 『夕闇、山を越える』/『宵闇、街に昇る』
脚本・演出 中村ノブアキ
平成30年12月20日(木)〜27日(木)@下北沢小劇場B1
平成31年1月12日(土)〜13日(日)@古町えんとつシアター

 


JACROW#22『夕闇、山を越える』より(撮影:鈴木淳)

 

【出演】 (50音順)
『夕闇、山を越える』(再演)
青木友哉(MU) 内田健介 狩野和馬 木下祐子 小平伸一郎(JACROW) 佐藤貴也 宍戸香那恵 土橋建太 林竜三 谷仲恵輔(JACROW) 他

 

『宵闇、街に昇る』(新作)
青木友哉(MU) 今里真 内田健介 狩野和馬 木下祐子 小平伸一郎(JACROW) 小林あや 土橋建太 根津茂尚 谷仲恵輔(JACROW) 山森信太郎 他

 

※チケット発売は11月上旬予定。

※facebookファンページ、twitter公式アカウントにて随時情報発信しています。「JACROW」にて乞う検索。
 

ゴールデンウィークに『夕闇、山を越える』のスピンオフ短編作品を新潟で上演します。

詳しくは前回投稿ページをご覧ください。

新潟にて短編を上演します

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

いきなりですが、新潟にある小劇場「古町えんとつシアター」で開催される「第4回えんとつ王決定戦」に参加することにしました。ちなみに「えんとつ王」とは、2015年5月にえんとつシアターにて開催された20分程度の短編芝居のフェスであり、お客様と審査員の投票によって、一番面白いオリジナル作品を決める新潟版の劇王決定戦です。

 

なぜこの「えんとつ王」に参加することにしたかというと、それは新潟での人脈を作りたいから。じゃあなぜ新潟で人脈を作りたいのかというと、年末〜年始に予定している次回本公演にて新潟公演を行うことにしたから。その本公演については前回公演『焔〜ほむら〜』の折込チラシにて情報公開しましたが、こちらのブログにも近日中にアップします。で、本公演を新潟でやるのに、お客さんがゼロだと悲しいので、あの手この手を思慮した結果、まずはこの「えんとつ王」に参加してみようじゃないかということに。

 

オリンピックとえんとつ王は参加することに意義がある!と思って気楽に考えてたら、だって地元の劇団の方が有利に決まってると思ってるので、段々と勝負魂が焔(ほむら)ってきまして、やっぱりやるからには勝たなきゃダメだと思うようになってる私です。「最新作がベスト」を公言してる私なので、もちろんこの短編がJACROWベスト作品ということになります。

 

たった1回しか上演しない、しかも20分そこそこの短編のために新潟まで足を運んでほしいとは言いませんが、でも情報拡散に協力いただけたらめっちゃ嬉しいです。そして新潟、富山、石川、群馬あたりにお住まいの方に是非ともお声掛け、お願いできればと思っています。隠れたところにこそ名作はあるものです。応援、よろしくお願いします。

 

第4回えんとつ王決定戦参加作品

JACROW『やみのおふくろ』

5月6日(日)13:00〜 Cブロック予選に出場

 

脚本・演出:中村ノブアキ

出演:谷仲恵輔 狩野和馬

 

2016年に上演した『夕闇、山を越える』のスピンオフ作品。

越後が生んだのちの闇将軍、若き日の田中角栄と母親フメの親子の会話劇。

〜あんにゃがどこでなんで命を終えるらんか、これはもう生まれたときから決まってらんでごぜえますよ〜

 

JACROW#22『夕闇、山を越える』(撮影:鈴木淳)より

 

公演詳細およびチケットのお申込みはこちら。

 

JACROW 新メンバー募集!

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

このたび、俳優、制作スタッフ問わず、一緒に活動できるメンバーを募集することにしました。私たちと一緒に創作活動に関わりたいという意欲ある方との出会いを切望しています。

詳細は3月28日(水)より開幕する本公演『焔〜ほむら〜』にてご案内してます。ご興味のある方はぜひとも観に来ていただきたいと思っています。奮ってのご応募、心よりお待ち申し上げております。

 

JACROW#24 『焔〜ほむら〜』
脚本・演出 中村ノブアキ
平成30年3月28日(水)〜4月1日(日)@駅前劇場

 

次回公演JACROW#24のお知らせ

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

詳細情報についてお知らせします。

 

JACROW#24 『焔〜ほむら〜』
脚本・演出 中村ノブアキ
平成30年3月28日(水)〜4月1日(日)@駅前劇場

 

 

 

「働き方改革」だという。
それは突き詰めれば“会社”と“私”の幸せの両立。
ブッフベルガーも頭を抱える超多項型連立方程式。
“私”の幸せは人の数だけあるのに、“会社”の幸せはひとつしかない。

本作は会社の幸せを信じて走り続ける私たちの話。
その先に何が待ち受けているとも知らず。

さて、約5年ぶりの下北沢です。
だからというわけじゃありませんが、今回から暢明をカタカナにします。
某俳優を意識したわけではありません。
もちろん見た目も中身も変わっていない、つもりです。
新たな気持ちで活動したいから。よろしくどうぞ。

 

【出演】 
小平伸一郎 谷仲恵輔(以上JACROW)
芦原健介 狩野和馬 菅野貴夫 佐々木なふみ 澤井裕太 堤千穂 福田真夕 吉田テツタ

 

*出演を予定していた吉水恭子(JACROW)が体調不良のため降板することになりました。
吉水を楽しみにしていたお客様にはまことに申し訳ございません。
なお新たに澤井裕太が出演することになりました。
チラシにクレジットはありませんが、よろしくお願いいたします。

 

[舞台美術]袴田長武
[照  明]阿部康子
[音  響]椎名KANS (Garage Inc.)
[音響操作]齋藤正樹 (STAGE OFFICE)
[舞台監督]吉川悦子
[演出助手]関智恵
[宣伝美術]川本裕之
[キャスト写真]石澤知絵子
[題  字]宍倉志乃
[記  録]鈴木淳
[制  作]芝居屋風雷紡
[制 作 補]高嶋みあり
[制作協力]J-Stage Navi
[企画・製作]JACROW
[協  力]ウォーターブルー/Age Global Networks/ケイエムシネマ企画/こねじ/スターダス・21/舞夢プロ

 

【スケジュール】
3月28日(水) ◎20:00
3月29日(木)  20:00
3月30日(金)  15:00ア 20:00
3月31日(土)  14:00ア 19:00
4月 1日(日)  15:00
[注意事項]
※開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前です。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※30(金)15:00、31(土)14:00の回は終演後、20分ほど「アフターミーティング」を行います。
「アフターミーティング」とは作品の理解を深めることを目的に、JACROWメンバーとお客様とが相互に意見交換をするトークイベントです。


【会場】
駅前劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2−11−8 TAROビル3F
小田急線・井の頭線「下北沢駅」南口改札前
※駅工事のため、最寄改札口変更の可能性あり。その場合は恐縮ですが、劇場までお電話にてご確認ください。
TEL:03-3414-0019

 

【チケット】(全席指定)
当 日 4000円
前 売 3800円
初日割 3500円
学 割 2000円(要学生証提示/要予約)
四十割 3500円(40歳以上対象/要証明証提示/要予約)
※リピーター割 受付にて半券提示で1500円キャッシュバック

 

前売開始 1月25日(木)
ローソンチケット(一般前売のみ取扱)
0570-084-003(Lコード:32612)
0570-000-407(10:00〜20:00)

 

J-Stage Navi
03-5912-0840(平日11:00〜18:00)

 

CoRichチケット(当日精算)

携帯からの予約はこちらをクリック!

 

【お問い合わせ】
チケット関係:J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00〜18:00)
その他:from_jacrow@yahoo.co.jp

JACROW#23『骨と肉』について

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

1年ぶりの新作本公演について、詳細をお知らせいたします。

そしてよろしければ情報拡散の協力をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

JACROW#23『骨と肉』
平成29年11月15日〜20日
脚本・演出:中村暢明

 

これは日本人にとっての企業観を問う物語だ。

日本経済の大きな転換点にある現在、
私たちにとって “会社” とはなにかを問いたい。

 

今回は吐き気がするほど濃密な空気ではありません。
それでも描きたいのは濃すぎるほどの想い。
ここでしか体験できない空気を。あなたに。

 

【出演】(50音順)
 芦原健介
 内田健介
 川田希
 菅野貴夫
 霧島ロック(ここかしこの風)
 小平伸一郎(JACROW)
 佐々木なふみ
 宍戸香那恵
 谷仲恵輔(JACROW)
 吉水恭子(JACROW)

 

【スタッフ】
 舞台美術:袴田長武
 照明:阿部康子
 音響:岩野直人
 宣伝美術:川本裕之
 イラスト:中村實男
 題字:宍倉志乃
 舞台監督:吉川悦子
 演出助手:関智恵
 記録:鈴木淳
 制作:芝居屋風雷紡
 制作補:高嶋みあり
 企画・製作:JACROW
 協力:ウォーターブルー/Age Global Networks/エクリュ/ケイエムシネマ企画/現代/こねじ/スターダストプロモーション/スターダス・21
 助成:芸術文化振興基金助成事業

 

【スケジュール】
平成29年11月
15日(水) ◎20:00
16日(木) ◎20:00
17日(金) 〇15:00ア 20:00
18日(土)  14:00ア 19:00
19日(日)  14:00ア 19:00
20日(月)  19:00
※開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前
※17日(金)15:00、18日(土)14:00、19日(日)14:00の回は終演後、20分ほど「アフターミーティング」を行います。「アフターミーティング」とは作品の理解を深めることを目的に、JACROWメンバーとお客様とが相互に意見交換をするトークイベントです。

 

【料金】
(日時指定・全席自由・割引要予約)
■当日券    4000円
●前売一般    3800円
◎前半割引    3500円(15水〜16木の回/要予約)
○平昼割引    3500円(17金15:00の回/要予約)
※学生割引    2000円(要学生証提示/要予約)
※四十割引    3500円(40歳以上の方対象/要証明証提示/他割引併用不可/要予約)
※リピーター割    2000円(チケット半券提示。半券1枚につき1名様)

 

【場所】
SPACE 雑遊 
地下鉄都営新宿線・新宿三丁目駅 C5出口目の前
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-8-8 新宿O・TビルB1F

 

【取扱い】

携帯からの予約はこちらをクリック!



上記タイムテーブルの希望日時にアクセスしてお申し込みください。
お客様のお名前でチケットをお取り置きしておきます。
お支払いはすべて当日精算になっておりますので、事前のお支払いは不要です。
なお予約サイトでのお申し込みは当日0時に締め切らせていただきます。
当日0時以降は、下記メールにお問い合わせの上、直接会場にお越しください。
その場合は当日料金になりますのであらかじめご了承ください。

 


【お問い合わせ】
from_jacrow@yahoo.co.jp

中村客演の鵺的『奇想の前提』が終演しました。

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

鵺的『奇想の前提』、全15ステージが無事に終演しました。

観に来ていただいた方、応援していただいた方、心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

今後も鵺的、JACROWともども精力的に活動していきますので、引き続き応援のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

お知らせ:小平伸一郎がJACROWメンバーになりました

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

4月に蒻崎、5月に鍋島と立て続けに脱退があり、周りから心配されましたが、捨てる神あれば拾う神ありw、常連中の常連、役者として信頼してやまない「モンキー」こと小平伸一郎が2017年6月1日付でJACROWメンバーになりました。

きっかけは6年前の2011年「日本の問題」プロジェクトの8劇団合同オーディションで出会ったことです。曲者ぞろいの演出家8人が欲しい役者を取り合う会議がオーディション終了後にあったんですが、運よく(?)JACROWチームに引き当てまして、結果、うちのチームに出てもらった縁で、その後も何回も出てもらうことになりました。実は本人自身の事情で1年くらい(2013年ごろ?)舞台から離れていた時期があるんですが、復帰以降は全作品に出てもらってます。あ、前回の若手演出家コンクールはスケジュールが合いませんでしたが。

 

稽古場や飲み会の場では「準劇団員」と半分冗談で呼んでいましたが、正式にメンバーに迎えると不思議な感じがします。おそらく本人もそう思ってるでしょう。なんにせよ小平伸一郎ともども新生JACROWをよろしくお願いいたします。

 

次回作の情報解禁は7月1日を予定してます。

そのときのクレジットは「小平伸一郎(JACROW)」となっています。

 

ご期待ください。

 

2017年6月 JACROW代表 中村暢明

中村暢明 “鵺的”客演のお知らせ

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

代表中村が小劇場界で独特の作風で人気の鵺的に客演します。

他劇団への客演は日替わりゲストを除けば2009年以来、8年ぶりの挑戦となります。

稀有な体験をぜひご覧ください。

 

高木登率いる鵺的の第11回公演となる本作は、“M県S郡の南端にある小島・パノラマ島”を題材とした物語。

第10回公演「悪魔を汚せ」でもタッグを組んだtsumazuki no ishiの寺十吾が演出を担当し、キャストには、鵺的の奥野亮子や、「悪魔を汚せ」に引き続き出演の福永マリカ、少年王者舘の夕沈らが名を連ねています。

 


 

 

鵺的第十一回公演『奇想の前提』

作 高木登(鵺的)

演出 寺十吾(tsumazuki no ishi)

2017年7月21日(金)〜30日(日)

テアトルBONBON

 

[キャスト]

青山祥子

江藤修平

奥野亮子(鵺的)

金子鈴幸(コンプソンズ)

木下祐子

佐藤誓(アクトレインクラブ)

中村暢明(JACROW)

中山朋文(theater 045 syndicate)

福永マリカ

安元遊香(Saliva)

夕沈(少年王者舘)

 

[スタッフ]

舞台監督=田中翼・中野聡

演出助手=中山朋文

演出助手補佐=大島寛史(チリアクターズ)

ドラマターグ=中田顕史郎

照明=千田実(CHIDA OFFICE)

音楽=坂本弘道

音響=岩野直人(STAGE OFFICE)

舞台美術=袴田長武+鴉屋

衣装・ヘアメイクディレクション=るう(ROCCA WORKS)

宣伝美術=詩森ろば(風琴工房)

宣伝美術写真撮影=橋本恵一郎

舞台写真撮影=石澤知絵子

ビデオ撮影=安藤和明(C&Cファクトリー)

制作=鵺的制作部・J-Stage Navi

制作協力=contrail

協力=コンプソンズ/少年王者舘/千賀ゆう子企画/チリアクターズ/JACROW/Saliva/theater 045 syndicate/tsumazuki no ishi/アクトレインクラブ/(株)キャストパワー/ザズウ/(株)トランスパレンチ/(有)レトル

企画・製作=鵺的

 

[タイムテーブル]

7/21(金) 19:30

7/22(土) 14:30/19:30

7/23(日) 14:30

7/24(月) 14:30※/19:30

7/25(火) 19:30

7/26(水) 14:30/19:30

7/27(木) 14:30※/19:30

7/28(金) 19:30

7/29(土) 14:30/19:30

7/30(日) 14:30

*の回終了後、ポストパフォーマンストーク開催予定。

 

[注意事項]

※ 受付開始は開演60分前、開場は開演の30分前です。

※ 未就学児童のご入場はご遠慮ください。

※ 開演時間を過ぎてからのご来場はご指定のお席にご案内出来ない場合がございます。予めご了承下さい。

 

[チケット]

2017年6月6日(火)一般発売

全席指定

前売   4000円

当日   4500円

U25割引  3500円(当日共・要身分証提示)

 

ローソンチケット 0570-084-003【Lコード:32639】

         0570-000-407(10:00〜20:00)

         http://l-tike.com/

チケ探      http://ticketan.net カード決済またはコンビニ決済(セブンイレブン)

J-Stage Navi     http://j-stage-i.jp(PC

           03-5912-0840  (平日11:00〜18:00)

 

[問い合わせ]

J-Stage Navi 03-5912-0840 (平日11:00〜18:00)

 

[公演当日問い合わせ]

劇場ロビー 03-5385-9080(公演期間中のみ)

 

鵺的公式サイト  http://nueteki.org/

JACROWからのお知らせ:鍋島久美子退団

昨年1月、『ざくろのような』を観て入ってきたなべくみこと鍋島久美子が4月末日をもってJACROWを退団することになりました。図らずも先月の蒻崎今日子に続き2か月連続のメンバー退団となってしまいました。苦笑

 

なべくみはとても努力家で、役を研究、掘り下げることに関してはとても真面目で、それは演出家としてとても信頼できる面でありました。また前回本公演『夕闇、山を越える』の稽古場では、今日子も出ない、谷仲も遅れて参加ということで、唯一のメンバーとして、しかも新人なのに、座組(客演)のことを一番に考えフォローしていたことをとても心強く思ってました。それだけに今回の件はとても残念で寂しくもありますが、本人の意思を尊重したいと思い、このような結論になりました。なべくみの「JACROWとは別の場所で自分を試してみたい」という気持ちを応援したいと思います。

 

さて2か月連続でこのような事態になり、「大丈夫か?JACROW」と心配される諸兄もいらっしゃるかと思いますが、たぶん大丈夫です。劇団ってものは長年続けてればいろいろあるものです。ないほうがおかしい。こうやって自分たちも変わりながら、時代とともに寄り添えればいいなと思っております。

 

今、残ってるメンバーは、谷仲恵輔、吉水恭子、高嶋みあり、そして俺の4名です。今後とも引き続きこの4名をよろしくお願いいたします。いい作品をお届けするために誠心誠意尽くしたいと思います。

 

2017年5月2日 JACROW代表 中村暢明

 

 

---------------------------------------

この度、一身上の都合によりJACROWを退団させて頂くことになりました。
急な退団にも関わらず、温かく見送って下さったメンバーの皆様には、本当にありがたい気持ちでいっぱいです。
スタッフの方々、共演者の皆様、一緒にお芝居が創れたことを誇りに思います。
また、お客様の応援はとても励みになりました。
今まで支えていただきとても感謝しております。 
これからは客席からJACROWを応援させて頂こうと思っております。
退団する身で恐縮ですが、これからもJACROW共々、応援していただけたら幸いです。
本当にありがとうございました!
またどこかでお会いできますように。
kumiko nabeshima